RSS | ATOM | SEARCH
満喫!岐阜県美術館 〜その1〜

『第9回 円空大賞展』を開催中の岐阜県美術館

大好きな土屋仁応さんが円空賞を受賞されていて

今回は岐阜で作品を観ることができる、またとないチャンス!

行かないわけにはいきません。

昨年のジェイアール名古屋タカシマヤでの個展に続いての嬉しい展示です。

 

ちなみに、わたしが土屋さんの作品を知ったのは

小川洋子さんの『人質の朗読会』や

今村夏子さんの『こちらあみ子』の装丁で。

なので名前に聞き覚えがない方でも

作品を目にしたことがある方は多いのでは。

 

昨日はそんな土屋さんご本人による作品解説という

なんともスペシャルな機会!

今までに数え切れないほど訪れている場所ですが、

『円空大賞展』を観に行くのも、

作品鑑賞会に参加するのも今回がはじめてでした。

 

時間になって登場した土屋さんは、予想どおりの穏やかで優しそうな方。

簡単な生い立ちや、木彫を選ばれたきっかけなどもお聞きして

いよいよ、解説を聞きながらの作品鑑賞へ。

作品を観ているだけでは知りえない、

ご本人に聞かないとわからないエピソードがたくさん。

 

たとえば、この人魚。

いかにも木彫!という刃の跡を残したものではなくて

つるりと滑らかなものを彫りたかったそうです。

写真では伝わり切らないと思いますが、とっても綺麗な鱗!

この作品を彫った頃が紫陽花が綺麗な季節だったから

紫陽花をイメージした色なのだそう。

 

そして、鼻に皺を寄せた威嚇の表情の獅子。

長年いっしょに暮した犬が、病気で苦しんでいた時の表情を

獅子のイメージと融合させているそうです。

 

『ものごとの上下する様』をテーマにして作られた8の字のような龍や

 

日本では招き猫はあるけれど、キツネのように

神様のお使いのような存在には扱われない猫。

だからこそ、そんな存在として彫った金の猫。

 

お寺からの依頼で作られた、

やさしいお母さんのような表情の観音菩薩像など。

 

「こんな理由でこの材で彫ってます」なんてお話もあり、

美しい作品を間近で見られるだけじゃなく

それぞれが作られた背景にまで思いを巡らすことができました。

作品鑑賞会、どうして今まで参加したことがなかったんでしょう。

機会があれば、またほかの作家さんのお話も伺ってみたいです。

 

もちろん、会場にはほかの受賞作家の方の作品も。

個人的にかなり好きになったのがこちら。

庄司達さんの『空間の誘導・アーチno.10』。

通り過ぎないと次の展示が見られないので

鑑賞者は必ず通り過ぎることになる作品。

木材と布と糸だけで、こんなにも楽しめる作品になるなんて!

 

宮本勉さんの作品は、のびのびと作られた愛らしいものばかり。

 

すでにお気付きかもしれませんが

今回の『円空大賞展』では、なんと作品の撮影は自由!

(フラッシュは禁止です)

 

そして受賞作家の方の作品とともに、10体の円空仏も展示されています。

こどもの頃はまったく魅力を感じなかった円空仏ですが

最近では「あ、これは好きかも」と思えるものも。

今回の展示でも、いいなと思う円空仏がちらほら。

大賞を受賞されたエンリケ・オリベイラさんの迫力ある作品や

異界を細かく描き込んだ佐藤昌宏さんの作品など、

とにかく多様性に富んでいて、予想以上に見応えのある展示でした。

3月11日(日)までの開催なので、興味を持った方はどうぞお早めに〜。

 

おいしい『野菜のおやつ』やニッキ寒天の清味堂さんもすぐ近く!

(営業時間外でも自動販売機で買えますよ。どうぞ小銭をお忘れなく)

せっかくだから寄り道をおすすめします。

 

この後、ワークショップにも参加したので

ブログはその2に続きますよー。

author:スーベニイル, category:おでかけ, 17:20
comments(0), trackbacks(0), - -
『はなから さらさら きにならぬ』

この週末も寒かったですねー。

でも行きたいところがあったので

小雪がちらつく中、おでかけしてきました。

 

 

まずはこちらのロゴでもお馴染み、千代菊さんの蔵開きへ。

おいしいお酒の試飲に、この時だけのお得な販売コーナー、

さまざまな地元グルメにステージイベントなど

とにかく盛り沢山で、毎回たくさんの人で賑わっています。

 

でも、今回もわたしの一番のお目当てはsweet-jamさん。

珍しく何か月もお会いしておらず…

あのおいしいジャムも、しばらく味わえていなかったんです。

せっかくだから、蔵開きの定番の『甘酒ミルク』を買いたいなあと。

sweet-jamさんお得意のミルクジャムに

千代菊さんの酒粕を加えた、生姜香る甘酒ジャム。

これ、大好きなんです。無事に買えてよかったー♪

相変わらずお元気そうで、おしゃべりもできて良かったよかった。

大人気分(?)が高まっていたので、久々のラムレーズンも買いました。

ちなみに手前のちびっこは、試作品の『酒粕キャラメル』。

来年の蔵開きの際には商品化されている予定だそうです。

こちらもおいしいに決まっている組み合わせ。

商品化が待ち遠しいですね♪

 

毎年、この時季に蔵開きがあるので要チェックですよー。

(蔵開きイベントについてはこちら→  の

 千代菊さんのfacebookの方がわかりやすいです)

 

 

さてさて、大好物の甘酒もいただいて身体が温まったら

次に向かったのは一宮市三岸節子記念美術館

大好きなフジイフランソワさんの

『はなから さらさら きにならぬ』を観に行ってきました。

フランソワと名乗っていらっしゃいますが、実は日本人女性。

ぱっと見は伝統的な正統派の日本画。

でもよく見ると、遊び心に溢れた絵ばかり。

付喪神などの、この世の者ならざる者が描かれていたり、

鹿の角が巨木のようにのびて美しい桜を咲かせていたり、

おいしそうな和菓子かと思ったら

とても食べられそうにないものが葉に包まれていたり…

日本画ならではの良さや技法、素晴らしい画力に加えて

信じられないほどの遊び心がぎゅっと詰まっていて、

どの絵もとても魅力的なんです。

 

10年前にも豊田市美術館にフジイさんの展示を観に行ったんですが

さらに自由に、のびのびと楽しんで描かれているような印象。

きっとご本人も、とっても魅力的な方なんでしょうね。

いろんな決まり事など気にせずに、まさに『さらさら』描かれた感じ。

あの耳の大きな象や、かわいいコックさんが登場する絵もあるんですよ。

描かれている生き物たちも、なんだかとっても居心地が良さそう。

観覧料はたったの500円なのに、予想以上に多い63点もの展示作品を

間近でじっくりと観ることができて大満足♪

まったく見飽きることもなく、思わず2周してしまいました。

 

ちなみに、こちらの美術館、今までにも何度か訪れているんですが

残念ながら「せっかくいい展示なのに、買えるグッズがないよー」

ってこともたびたび。

それなのに今回は、出品作品のすべてを収録した図録↑や

ポストカードはもちろん、ハンカチやクリアファイル、

千代紙など、意外とグッズが充実!

 

しかも近くにある尾西 金蝶堂さんとのコラボ和菓子、

『ベロりんとん』まで登場しているんです。

まさに、この絵そのまま。歯と舌のある練り切りを初めて見ました。

再現性の高さもあって大人気のよう。すごい力の入れようです!

 

フライヤーと言葉だけでは、とても魅力が伝わらないと思いますが、

日本画好きな方にも、かわいいモノ好きな方にも、

キモカワ好きな方にもおすすめです。

考えや気持ちが凝り固まりそうな時に

呪文のように呟きたくなるようなタイトルもいいですよね。

もっともっと自由に生きていきたいものです。

 

3月4日まで開催されているので、

機会があれば、ぜひぜひ訪れてみてくださいね!

 

 

《追記》

 

妹に続いて、後日展示を観に行った姉ですが、件の『ベロりんとん』を

無事入手することが出来ました!

 

このキモカワなベロりんとんが・・・

 

こんなカラフルで怪しげな、本物の和菓子のきんとんに!!

本体は練り切り。ベロは生砂糖に寒天で艶を出して生々しい質感に。

歯はザラメを1個1個ピンセットで刺して並べてあるのです。

 

黒文字で切ったら、すごい叫び声を上げられそうで、

食べるのにちょっと躊躇しちゃいましたが、美味しく頂きました。

 

説明の紙も付けて貰えるのですが、裏側にはこんな遊び心も・・・。

どこから食べたかで分かる、性格診断が載っていましたよ。

 

ひとつだけ買ったベロりんとん。

ひと口欲しいという妹に、そのまま切ってあげるだけではつまらないので、

てっぺんのところを少し切り出して、ちびベロりんとんを作ってみました。

ベロを引き抜いて、小さく切り、歯も3本引っこ抜いて刺してみました。

文で読むと、すごく極悪非道な人みたいですね。怖い・・・。

 

なかなか上手く出来たので、妹の反応が楽しみです♪

author:スーベニイル, category:おでかけ, 20:14
comments(0), trackbacks(0), - -
寒くても・・・2月のサンビル

今月も行って来ましたよ、サンデービルヂングマーケット

毎月第3日曜日は、岐阜 柳ケ瀬商店街のアーケードの下に、ハンドメイドの作品や、

おいしいご飯、おやつのブースなどなどが、ズラリと立ち並ぶ日。

 

まずは、いつもの様にお菓子屋Riettoさんへ向かいました。

甘酸っぱいフランボワーズジャムがサンドされたヴィクトリアケーキに、

大好きなフィナンシェ、ピールがたっぷり入った柚子のケークに、

みわ屋さんの利平栗渋皮煮を使った贅沢マドレーヌ、

それにサクサクのクロッカンも!

本当は、苺のケーキ フレジエも買いたかったのですが、

今日はこの後予定があったので生モノは我慢・・・。でも美味しそうだったなぁ!

 

 

お次は、先月食べて美味しかったBAGEL MONDAYさんへ。

尾張のたまり醤油を使ったベーグルが気に入ったのですが、

今日はそれを使ったフィラデルフィアサンドを発見!

スモークサーモンとクリームチーズ、焼き海苔の組み合わせのサンドです。

のりやチーズを合わせても美味しいはず!と思っていたので、思わず即買い。

焼き海苔が、たまり醤油風味のベーグルと相性ぴったりで美味しい〜!

やっぱり買って正解でした♪

 

他にもいろいろな種類のベーグルがあって、どれも美味しそうで悩んでいたら

ちょうど良いお試しセットがありました。しかも、嬉しいクリームチーズ付き♪

全粒粉プレーン、全粒粉玄米くるみ、たまり、小麦プレーン、

和紅茶レモンピール、抹茶の6種類が、ひと口サイズで楽しめます。

 

 

今日は、友人へのプレゼントにも何か良いものがないかなぁと思っていたのですが、

とっても似合いそうなブローチを見つけることが出来ました!

ワイヤーをかぎ針で編んだアクセサリーを作っている、

hinatakyokuさんの作品です。

 

自分用にもブローチを買ってしまいました。

揺れるチェーンの先にしずくの形のパール付き。

夏になったらキリリとした黒か紺のシャツに着けたいな。

 

 

出展者一覧を見て気になっていた、郡上のイロイロイトシロさんでは、

ドライフルーツミックスと、ちょっと珍しい甘ーいドライとうもろこしを購入。

パッケージも素敵で、ちょっとしたプレゼントにも良さそうです。

 

すごく色が綺麗な、ホットトマトソース サルサヴェルデや

ゆずサルサも気になる!

 

 

そのお隣では、私たちの大好きなおつまみ専門店平光商店さんが

久々に出店されていました。

岐阜タカシマヤの西側沿い 金華橋通りを、反対側に渡って少し南へ

行った辺りにあるお店で、立ち寄るとついつい、あれもこれもと

買い込んでしまうのです。

今日は、ピリリと美味しいゆず胡椒えびせんと、カリカリの揚れんこん、

カリッと香ばしいキャンディコートアーモンド、ほろ苦い珈琲味の

純ブラックコーヒーピーと、甘辛バランス良く(?)選んでみました。

 

 

サクサク カリッと美味しい、野菜チップスの清味堂さんでは、

イベント限定のお得なセットをGET♪

袋も可愛らしくて、テンションが上がります。

 

中は、こんなに!?とビックリするくらい、モリモリに詰まっていましたよ。

岐阜県産の早秋柿に、にんじん、かぼちゃ、旨塩しいたけ、彩りミックス、

レンコンとそら豆、それに梅かつおパウダー付きのゴボウとそら豆。

全部で7種類も!

 

今日は、日持ちのするおやつをいっぱい買ってしまいました。

当分の間、充実したおやつの時間を過ごせそうです。

 

 

サンビル散策のついでに、新しくオープンした

マスキングテープ専門店にも寄り道。

ドン・キホーテの斜向かいに出来たHREMというお店です。

 

中に入ると、薄暗い空間の中にたくさんの女の子たちがひしめき合っていて

驚きました!

オープン記念で、店内のほとんどの商品が10%OFFだからでしょうか。

 

壁一面の棚にびっしりと並ぶマスキングテープ。

カモ井のmtはもちろん、雑誌か何かで見たことはあるけど実物は

目にしたことが無かったものや、海外のもの、香り付きのマスキングテープなど

面白いものがいっぱいで、わくわくします♪

ただ、照明が暗めなので、色柄が見づらい・・・。

よく見たい人のために、懐中電灯が用意されていましたが、誰も使っておらず

皆さんじっと目を凝らしていました。(笑)

 

マスキングテープの他にも、レターセットやラッピンググッズなんかも

並んでいましたよ。

 

モノトーン系のシックな柄のと、テープスタンドがお洒落な

中国のティーセット柄を買ってしまいました。

もうマスキングテープは増やすまいと思っていたのに〜。

あとは、以前から欲しかった、畳屋さんが作った、い草ブックカバーを

見つけたので、そちらも購入。

 

思った以上に長居して楽しんでしまいました。

 

またもや柳ケ瀬に新たなお店が。

近くにはALASKA BUNGUさんもあることですし、文具好きさんも

ますます楽しめる柳ケ瀬に、ぜひ遊びに来てくださいね!

author:スーベニイル, category:柳ケ瀬いろいろ, 20:40
comments(0), trackbacks(0), - -
【全国銘菓:東京都】とらや 『羊羹 au ショコラ』

明日は、バレンタインデー!

チョコレートが大好きな私たち。

もちろん、今年もいろいろなチョコレートをあれこれと買い込んでいますが、

和菓子のチェックも怠りませんよ!

 

ここ数年、とらやに注目しています。
バレンタインデーに合わせて、普段は買えないお菓子がいくつか

販売されるのですが、今年はなんと、パリ店でしか販売されていない

『羊羹 au(オ) ショコラ』が、名古屋地区でも数量限定販売されると

いうではありませんか!

 

期間中、何度か販売店に足を運んだものの、やっぱり早々に完売で

入手に手間取りましたが、ようやく買うことが出来ました〜!!

ギリギリ最後の1個でした。

 

小さな♡の掛け紙がかわいいです。

 

掛け紙の下は、大小のロゴが小花柄のように散りばめられた、真っ赤な包装紙。

いつものとらやと違う雰囲気で新鮮です。

 

シンプルなデザインの小箱。

ロゴはエンボスになっていて、品の良い美しさを湛えています。

ゴムバンドで留めるようになっているので、フランスの方にも

開け閉めしやすいですね。

 

これが、『羊羹 au ショコラ』です。

ひとくちサイズの羊羹が9つ並んで入っています。

 

付属の黒文字はとても細く、ピックとして使う形状。

 

このお菓子は、2005年の、パリ店25周年を記念して考案されたもの。

 

齧ると、表面にまぶされたグラニュー糖がサリッとして面白い。

だって、これ、羊羹なんですよ!

 

フランスでは、『パート・ド・フリュイ』という、果汁を煮詰めてペクチンで固め、

美味しさをギューッと閉じ込めたゼリー菓子が有名なのですが、

その表面もこんな風にグラニュー糖で覆われています。

羊羹 au ショコラも、パリ店オリジナル商品を考案する際に、

そこからアイデアを得ているのかも知れませんね。

 

滑らかに練り上げられた羊羹にはビターチョコレートが加えられていて、

ふうっとごく淡くラム酒の香りが鼻を抜けます。

生チョコレートのような舌触りの繊細な羊羹は、なるほどパリに

似合う洒落た雰囲気です。

 

ブランデーやウイスキーにも合いそうな、

大人な男性に贈りたい、とっておきのお菓子です。

 

 

とらや

赤坂店(直営店):東京都港区赤坂4-9-22

 

author:スーベニイル, category:全国銘菓:関東地方, 23:43
comments(0), trackbacks(0), - -
【全国銘菓:京都府】するがや祇園下里 『豆平糖』

明日は、2月3日。節分の日ですね!

 

厄除けに、歳の数だけ豆を食べて・・・なんてしていたら、

お腹が大変なことになりそうなお年頃。

香ばしく炒られた大豆を、毎年ほどほどに(と言うか、好きなだけ)

食べているのですが、大豆の入ったこんなおやつもおすすめです。

 

『豆平糖』。大豆が入った、棒状の飴です。

 

艶やかな飴は、べっこう飴などと比べると、ずいぶんと濃い目の色。

これが美味しさの秘密!

 

昔ながらのプリンのカラメル。

あのほろ苦さがお好きな方には、特におすすめです。

 

上白糖とザラメ、そしてこの飴が生まれた明治時代から受け継がれている

秘伝の糖蜜を、職人さんがヘラで炭火で丹念に煮詰めて作られた飴。

焦げる寸前を見極めて火からおろすことで生まれる、

カラメルの様なほろ苦さ。ちょっぴり大人な味わいです。

それに、甘味料などは使われていないので、後味はスッと甘みが引き

しつこくありません。
 

ぽこぽこと入っている豆が透けて見えるのも楽しいです。

この大豆も、国産の大粒のものを、ほうろくでじっくりと

香ばしく炒りあげられたもの。

飴と絡めてから、ござの上で引き延ばして作られるそうです。

 

独特のほろ苦さと、噛み応えのある香ばしい大豆が後をひく、

素朴だけれど、京都らしく上品さも感じられる、お気に入りの飴なのです。

 

 

こちら岐阜ではお馴染みの大鬼。

岐阜駅のちょっと南にいらっしゃいます。

 

近くの玉性院の豆まき、今年も行けないけれど、また行きたいなぁ。

こんな三角の袋に入った豆が撒かれます。

運の良い人には、当たりの小さな黄色い紙が入っていますよ!

 

 

そういえば、豆平糖、豆がぽこぽこ入った姿が、ちょっと鬼の金棒に

見えなくもないですね。

豆まきに行けない年には、この飴で厄除けするとしましょうか。

 

 

するがや祇園下里

京都府京都市東山区八坂新地末吉町79番80番号地
TEL : 075-561-1960

author:スーベニイル, category:全国銘菓:関西地方, 23:46
comments(0), trackbacks(0), - -