RSS | ATOM | SEARCH
【全国銘菓:長野県】開運堂 『初春づくし』

本日も、新春ならではの、素敵なお菓子をご紹介します。

年末に数量限定販売される、お正月用の半生細工菓子『初春づくし』という

お菓子の詰め合わせ。

 

お舗の名前さえもお目出度い、『開運堂』。

 

包みを開けると、うっすらとお舗のロゴが浮かんだ和紙貼りの、

上品な箱に熨斗掛けしてありました。

 

さてさて、中身は・・・

「わぁ、綺麗!」と思わず声が出てしまいました。

華やかで美しい、そして縁起の良いお菓子がギューッと詰まっています。

 

全部で6種類。

よくよく見れば、そのどれもがとても手の込んだもので驚きます。

一番上の、白い三角は、『大空を舞う鶴』。

ちょん、と赤い点を打っただけで鶴を表したシンプルな姿が素敵です。

寒天と摺り蜜を煮溶かして練り上げた、滑らかな寒氷製。

 

その右下は、『寒中を彩る梅』。ゼリーで作られています。

紅白揃って、愛らしい姿。

しかも、紅白で味わいも違うのです!

紅梅には梅肉が、白梅には梅酒が入っていて、ちょっぴりですが

違う味わいが楽しめます。

さらに、ゼリーの下にはふんわりとした淡雪のような生地が。

 

その下の茶色いのは、『富を表すころ柿』。

こんなに小さいのに、柿の果肉入りの柿餡を求肥で包んでいるという

凝りよう。

 

左は『大地より春を告げる水仙』。

ガラス細工の箸置きのようで、ずっと取っておきたくなってしまいます。

こちらは、羊羹で作られています。

白い花は、工芸菓子でよく使われている、パリンと固ーい雲平製。

 

その上は、石衣製の『青々と力強い松』。

やわらかい松露みたいな感じです。

糖蜜から透けた葉の筋に枝の茶色。

齧ってみると中から現れる羊羹の緑は、翡翠のような鮮やかさ!

 

眺めれば眺めるほど、職人さんの仕事ぶりにため息が出るばかり。

ここまで手の掛かるお菓子では、やっぱり数量限定なのも納得です。

新年から眼福なお菓子を頂けて幸せです♪

 

 

開運堂 本店 

長野県松本市中央2-2-15
TEL:0263-32-0506

author:スーベニイル, category:全国銘菓:北陸・甲信地方, 15:54
comments(0), trackbacks(0), - -
【全国銘菓:石川県】落雁 諸江屋 『辻占 福寿草』

お正月らしく、のんびりとした空気に包まれた午後。

つまらないのに、だらだらとつけていたTVも見飽きたところで

おやつの時間です。

 

昨日に続いて、諸江屋の正月菓子のご紹介を。

『辻占 福寿草』。

このお菓子、前から知っていたのですが、いつも“辻占”と呼んでいて、

“福寿草”というのが正式な名前だというのを忘れていました。

こんなに大きく書いてあるのに!

 

お皿に並べてみると、小さな花が咲いた様。

春を告げる花“福寿草”を模っています。

ちなみに、福寿草には新春らしい、元日草、朔日草という別名もあるんですよ。

 

煎餅皮の小さなお花を割ってみると、中からは小さな紙片が・・・。

(花びらを左右に引っ張ると割りやすいですよ。)

 

紙には、ことわざや格言、謎かけなどが書かれています。

中にはちょっと艶っぽいものも。

いくつかの紙の言葉を並べて遊んでも良いそうです。

味のある絵柄も楽しいですね♪

 

どんな意味なのかさっぱり分からないものもありますが、

諸江屋ホームページに説明があったので、ちょっと長いですが

そのまま載せておきますね。

 

 

《辻占福寿草の中紙の解釈について》

 

お正月にご家族の皆様で開けてみて「これは・・・?」「こんな意味かな?」

「こういう意味もあるね。」などと首を傾げたり、笑いを誘ったりして

いただけたならと明治時代に書かれました「なぞかけ本」の文章を

そのまま使わせていただいております。

「辻占」という江戸時代から伝わるこの菓子について、この菓子の起源を

考えますとちょっと難しいもの、金沢弁そのままのもの、艶っぽくて子供には・・・、

などございますが、大人の洒落や言葉遊びと解釈でお楽しみ下さい。
仲間どうしでナゾの解き合いなんかもお正月の一興かも知れませんね。

よくお問い合わせをいただく物につきまして解説をさせていただきます。
諸江屋の先々代や先代から私が教えてもらった事で、違った解釈も

有ろうかと思います。

 

・はやくる
  糸巻きの絵がございまして、金沢弁では糸をたぐる事を

  「糸をくる」と言います。
  糸を早くたぐれれば楽ですし、仕事が早く終わるので良いと解釈しております。
・なによりごすき
  松茸の絵が描かれていて、ちょっと艶っぽい意味も隠れています。
・ろんにかち
  討論に勝って商品にお酒を貰って・・・と解釈しています。
・ひろげておるぞ
  貝は焼いても煮ても食べ頃になると口を開けます。

  また艶っぽい意味も隠れてます。
・こしぬけるほど
  和ばさみが描いてあって、道具はこしが抜けるほど大切に。という意味です。
・ねてはもうかる
  寝ていても儲かるのは理想ですね。

  明治期の遊郭も現しているのではないでしょうか。
・ままになりたい
  枡に入った米がお釜で炊かれてご飯(まま)になる。

  美味く(上手く)なれば・・・
・とてもごすき
  かぼちゃの絵です。女性の好きな物のひとつにかぼちゃがありますが、
  少し揶揄を込めて「ご」を付けているようです。
・りんきもこいぞ
  りんき(やきもち)の炎と鹿の角を掛けています。
・いさぎよい
  武士の潔さを描いております。
・つごうがよい
  そろばんに合う。勘定が合っているという意味です。
・志めるとよい
  太鼓は紐を締めると音が良くなるという意味です。
・きてほしい
  「かっぱ」の絵ですが、着て欲しいという意味と格好良い人に

  来て欲しいの意味を掛けています。
・くちをすうて下んせ
  水を引いた管です。

  吸えば水が出ると言う意味と「キスして下さい」を掛けているのでは・・・
・おもいがよい
  漬物です。石(意志)が重いほど良い。
・てんがはれての
  笠と雨傘の絵です。雨が止み晴れ上がって良かったという意味では・・・
・にぎやかな
  旗さしものが上がって戦勝祝いでしょうか。賑やかな様子です。
・ほれたなか
  臼とかんなが描かれています。彫れた仲とのかけことばです。
・むねに志っかり
  ひょうたんを下げる紐はくびれにしっかりと結ぶと言う意味。
・わって下され
  貝か石が描かれているようです。割ると良いことがあるような・・・
  「殻を破る」とも言いますね。
・ぬしはがなれん
  すり鉢とすりこ木が描かれています。どちらが無くても役に立ちません。
  相性ピッタリ、身を削り役に立つ・・・・・
・もうよいぞ
  「飲みごろですよ」「飲み過ぎですよ」どちらにも解釈できますね。
・よくよくきめた
  蒸籠を作っているのでしょうか?しっかりはまっている様子です。
・かならずおいで
  下足を揃えて「いってらっしゃい」。

  無事に帰っての願いを込めているのでしょうか。
・ぜんハいそげ
  善は急げと読んで下さい。
・志んからよい
  ロウソクの芯が太くて良いロウソクだと明るく長持ちする事から、

  人も芯が良いといいと懸けている。
・げいこでのめる
  芸妓で飲める。芸者を挙げてドンチャン騒ぎ。景気の良い話しですね。
・ひそひそはなし
  枕を並べて男女がひそひそと話しをする様で、夫婦が仲の良い様を

  表しています。
・たよりをまつ
  「便りを待つ」「頼りを待つ」言葉は掛かっているのかもしれませんが、

  音信の無かった友に便りをしてみると、面白い話しが聞けたり

  するものですよね。
・だれもすく人
  「お多福さん」は見た目は・・・・?ですが、誰にも好かれる働き者です。
・すえひろ
  広げた扇が描かれています。末広がりの目出度い絵柄です。
・るす事のだご
  留守事は留守番、だごは団子(金沢弁です)
  留守においしいことが・・・・・

 

これまでにお問い合わせを頂いた物を紹介いたしました。
絵と言葉の判断は自由です。その時々の感情や気分で解釈も違ってくるのかも
知れません。言葉遊びとしてお楽しみ下さい。

 

 

お煎餅にはうっすらと砂糖蜜が刷いてあって、ほんのりと甘く、

新しい年に何か良いことがありそうな気がしてきます。

 

諸江屋の正月菓子は、こうした楽しいものばかり。

昨年ご紹介した、『久寿玉』もおすすめです♪

 

 

落雁 諸江屋 

石川県金沢市野町3丁目1の38
TEL:076-241-2854

author:スーベニイル, category:全国銘菓:北陸・甲信地方, 16:26
comments(0), trackbacks(0), - -
【全国銘菓:石川県】落雁 諸江屋 『福徳煎餅』

2018年。

新しい年が始まりましたね!

今年はどんな1年が待っているのでしょうか。

そんなお正月らしい、ちょっぴりわくわくした空気に彩られた町なかの賑わい。

やっぱりおやつにも、福々しいものを買って帰りたくなります。

 

今年は久々に、こんなお菓子を買いました。

『福徳煎餅』という、正月菓子。

 

大きな袋の中には、げんこつ程の最中皮のお菓子が。

打出の小槌に、福俵、巾着型のは砂金袋だそうで、どれもがおめでたい形。

 

そして、表裏で色も違います!

黄色と白の最中皮は、それぞれ金・銀に見立てられているのです。

 

とっても軽いこのお菓子、中にはあんこではなく、

煮溶かしたお砂糖を型に流し込んで、冷やし固めた“金花糖”か

土人形のどちらかが入っています♪

 

ピンクに黄色、黄緑とかわいらしい色合いの金花糖。

招き猫、猿回しの猿と、福久良雀らしきものが出て来ました。

 

土人形は2つ。

打出の小槌と、鯛と波の形の船。こちらも素朴で何とも愛らしい!

これらは、金沢の婚礼調度に用いられる土人形のミニチュアなのだとか。

 

「何が入ってた?」「これ、何の形かなぁ?」と、家族で盛り上がりました!

 

袋には最中皮を齧りながら、金花糖で甘みをとるとありましたが、

我が家では金花糖を齧りながら、苦い珈琲を愉しみました。

最中皮は、ぜんざいに入れようと思います。

 

おめでたいこのお菓子、もともとは加賀藩12代藩主の前田斉広(なりなが)公が

金沢城二ノ丸御殿落成のお祝いにと、加賀藩御用菓子舗 樫田屋に

考案させたもので、明治時代に樫田屋が廃業するにあたって諸江屋が

引き継いだという歴史があるそうです。

かつては正月菓子として、明治以降何軒かの菓子舗がこの福徳せんべいを

作っていたそうですが、現在では諸江屋1軒となってしまったようです。

 

みんなを笑顔にするこうした楽しいお菓子は、いつまでも残って欲しいものです。

 

 

落雁 諸江屋 

石川県金沢市野町3丁目1の38
TEL:076-241-2854

author:スーベニイル, category:全国銘菓:北陸・甲信地方, 20:12
comments(0), trackbacks(0), - -
あけましておめでとうございます!

 

新年、あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

昨年はどんな1年でしたか?

 

姉は、夏に足の小指を思いっきりぶつけて骨折してしまい、

痛いし何をするにも不便で、改めて小指の偉大さに気付かされました。

今年は健康に過ごせるといいなぁ。

 

妹は、美しいものや面白いものを観るために、

あるいはおいしいものを食べに…と、ちょこちょこおでかけした年でした。

今年も素敵なものに出合えたら嬉しいです♪

 

それから、いろいろなところで、ふと出会った方に「スーベニイルさん!」と

声を掛けていただいたのがとっても嬉しかったです。

店を閉めて、はや3年。

それでも、多くの方にこうして覚えていて頂いているなんて、

本当に“思い出”という意味もある店名の通りになりました。

またどこかでお会いすることがあったら、ぜひお声掛けくださいね!

 

さて、今年こそ!

岐阜の今を綴るリトルプレス『Edit GIFU』、完成予定です。

あの『ギフノート』や『柳ケ瀬BOOK』を制作した編集長の元、

柳ケ瀬の仲間が集まって、岐阜の魅力を紹介するリトルプレスを製作中。

私たち姉妹の担当ページもあります。

いろいろとありまして、ずいぶんと長く“製作中”となってしまいましたが、

今年こそ〜!!

編集長とデザイナーさん、猛烈に頑張ってくれていますので

もうしばしお待ちを。

 

岐阜を愛する編集長のつぶやきはこちら →

 

 

今年は戌年。

もふもふ動物好き、しかも日本犬好きのわたしたちとしては

なかなかに心躍る年でもあります。

毎年ひそやかに(?)アイテムを増やし続けている

『岐阜のおみやげ』シリーズに、

今年は美濃柴犬を登場させたいなと小さな野望を抱いています。

そして、今年もいっぱいおいしいものを食べたいと思っています!

皆さん、今年もどうぞよろしくお願いします。

author:スーベニイル, category:お知らせ, 13:31
comments(0), trackbacks(0), - -
Merry Christmas ☆彡

メリークリスマス☆彡

まずはクリスマスらしい写真を。

今年も我が家のクリスマスケーキはDOLCI cafeさんのもの。

 

そして!まったくクリスマスらしくない内容になりますが、

昨日はこちらに行ってきました。

改装後初の平等院鳳凰堂。

やっぱり記憶の中の鳳凰堂とはかなり違います。

えーっと、前より赤くなりましたよね。

まだ見慣れないけれど、きっと、こちらが本来の色に近いんでしょうね。

屋根の鳳凰も、きらーんと誇らしげに輝いています。

屋根をよく見ると、鬼瓦ならぬ、龍瓦?面白い意匠ですね。

残念ながら池越しだとよく見えない

鳳凰堂の真ん中部分、阿弥陀如来さまがいらっしゃる部分も

せっかくなので拝観してきました。

かなり間近でご本尊などを見ることができましたよ。

壁に飾られた52体の雲に乗った飛天たち(=『雲中供養菩薩像』だそう)、

実は本物の半分がミュージアムに展示されているので

半分がレプリカなのだとか。

そんな説明を聞きつつ、平安時代に作られた建物の内部を

見学させてもらえます。足をついている床も平安時代のものだなんて!

少し待ち時間があるものの、もし行かれたら、こちらもぜひ。

(内部は撮影不可。拝観料とは別に300円が必要です)

ちなみに内部拝観は1回15分程、定員50人だそうですが

50人もいるとは思えないほどの皆さんのマナーの良さ!

事前注意のせいもあるかとは思いますが、

思わず静かに見入ってしまうなにかがあるのかもしれませんね。

夜間特別拝観で、ライトアップされた鳳凰堂やご本尊が

水面に映る姿もいつか見てみたいです。

 

敷地に入ってすぐの場所にあった『救世船乗観音』。

個人的にはかなり好みの観音様ですが、

お賽銭を…と10円玉を取り出そうとして

「そういえば、今ここにいるんだった!」と

思わず10円玉に描かれた平等院鳳凰堂を見つめてしまいました。

一万円札の鳳凰のことはだいぶ後で思い出しましたが。

 

ミュージアム鳳翔館では雲中供養菩薩像も間近で見られます。

ミュージアムショップも予想以上に充実していました。

雲中供養菩薩像のトランプにシュシュに写真集まで…。

とりあえず、こんな柄のクリアファイルと

鳳凰が格好いいお守りを購入。

 

宇治に来たら、おいしいお茶も飲まなくては。

平等院境内にある『茶房 藤花』さんで宇治玉露のセットを頂きました。

これは、あれです!お出汁みたいな味がする、ほんものの玉露。

同行人に一口もらった抹茶も、とってもクリーミーというか、エアリー。

なめらか〜な舌触りでおいしかったです。

100本立ての茶筅で丁寧に立てるとそうなるのだそう。

オリジナルのお菓子付き。

鳳凰をかたどったものと、左は蓮かな?と思ったら、

極楽浄土に咲く宝相華というお花だそうです。

スタイリッシュで、のんびりできる、素敵な空間でした。

 

平等院を出たら、宇治川を渡って宇治神社へ。

 

ウサギに所縁のある神社らしく、手水舎にもウサギ。

横に貼られていた『手水のつかいかた』説明が

昭和チックでかわいかったです。

 

こちらの神社では、道に迷っていた御祭神を

うさぎが振り返りつつ案内したという話が伝わっているそうで、

このみかえり兎をかたどったおみくじも売っているんです。

兎の道=うじ=宇治となったのだとも。

かわいいから、つい買っちゃいました。

 

このあと、すぐ近くにある宇治上神社へ。

宇治七名水のなか、唯一現存しているという『桐原水』で手を清めて

お参りしたのですが、ここにもまた、かわいいうさぎのおみくじが。

はい。かわいいから、つい買っちゃいました。水色のうさぎ。

おみくじ売り場にはほかにも

ギモーヴみたいな色のピンク、黄色、白のうさぎが並んでいて

ころんとしたシルエットも相まって、とっても愛らしかったです。

ちなみに、おみくじは底に貼ってあるシールをはがして

紐を引っ張って出すタイプ。

なんとなく、仲良くなれそうな二匹。

 

そうそう!クリスマスに欠かせない、骨付きの鶏モモ肉は

毎年、眦膕案邯そばの 若鶏専門店 鳥倉総本店さんで!

と決めている我が家ですが、再開発でどうなるのか不安だったんです。

が、近くに移転される予定だそうですよ。

あー良かった。

これで来年もおいしい鶏モモ肉が食べられます。

(クリスマス=おいしいものを食べる日の認識…)

それでは、みなさん、どうぞ良いクリスマスを♪

author:スーベニイル, category:おでかけ, 17:56
comments(0), trackbacks(0), - -