RSS | ATOM | SEARCH
みんな大好き♪OSAMUさん

『原田治展 「かわいい」の発見』を観に

清須市はるひ美術館に行ってきました。

入り口にはさっそく、見覚えのある女の子が!

 

カルビーのポテトチップスのパッケージに描かれたポテト君、

崎陽軒のひょうちゃんやECCジュニアにミスドなど

『OSAMU GOODS』の生みの親である

原田治さんのお名前は知らなくても

そのお仕事を目にしたことがある方はきっと多いはず。

ミスドで買い物してスクラッチカードを削り、

ポイントを集めてはグッズと交換してた学生時代も懐かしいです。

あれは…「サンフランシスコのチャイナタウンの飲茶♪」の頃。

 

などと、いろんなことを思い出しつつ鑑賞。

見覚えのある表紙やモノを見つけられたのも嬉しかったです。

 

とはいえ、懐かしいものだけじゃなく

初めて目にするお仕事もとても多くて新鮮でした。

いろんな原画を見てると、改めて「なんて絵が上手い人なんだ!」と。

素人でもわかるほどの線へのこだわりや仕事上の指示書き。

シンプルな絵だからこそ、細部まできっちりと。

なんというか、職人のようなプライドを感じました。

 

イラストのタッチも思っていた以上にさまざまだし、

ペーター佐藤さんともよく一緒にお仕事をされていたようです。

おふたりともミスドのお仕事を担当されているのも凄いですよね。

安西水丸、原田治、秋山育、ペーター佐藤のイラスト入りという

贅沢な手ぬぐいも!記念品だそうです。

復刻版とか出たら欲しい…マチスっぽい女体、素敵だなあ。

 

こんな立体作品も。とっても好き。

 

こんなフォトジェニックなネオン管コーナーも。

撮影OKの展示がとても多かったです。

 

原田さんは小村雪岱(せったい)もお好きだったそうで。

少し前に『小村雪岱スタイル』展で観た本が

私物として展示されていました。なんだか不思議な感じ。

アトリエの写真も展示されていましたが

細部までこだわっているのがわかる、とても素敵な空間でした。

そこから生まれるお仕事、もっともっと拝見したかったです。

 

美術館の2階のスペースには、ウェルカムバスケットコーナー。

こんなふうに梱包されるなんて羨ましい!

引っ越すことがあったらぜひ利用したいです。

 

OSAMU GOODSが大充実していたミュージアムショップでは

自分に落ち着くように言い聞かせながら、かなり厳選してグッズを購入。

マルマンのスケッチブックやクッキー缶は我慢できないかわいさ!

でも、よくこれで我慢できたものです…

 

暑い日だったのでロイヤルホストでパフェを。

この時食べたのはフレッシュメロンのブリュレパフェ。

フレッシュなメロンとクリームブリュレはもちろんのこと、

ピーカンナッツやメロンのソルベやゼリーにアイス…

とにかくすべてのバランスがよくって大満足♪

またいつか、岐阜にロイヤルホストが戻ってきますように。

 

『原田治展 「かわいい」の発見』の会期は8月30日(日)まで。

私が行った8月はじめ頃はゆったりと鑑賞できましたが

最近はかなり混雑していて、入場制限もあるようです。

開館は19時までなので、夕方に行かれる方がいいのかも。

どうぞ暑さ対策もしっかりとして、おでかけくださいね。

author:スーベニイル, category:おでかけ, 20:28
comments(0), -, - -
Comment