RSS | ATOM | SEARCH
【全国銘菓:京都府】鶴屋吉信 『御所鏡 花びら餅』

花びら餅が和菓子屋の舗先に並ぶのを目にすると、

新しい年が始まったのだなぁと気持ちも新たになります。

 

とは言え、あまり口にしたことが無いので、今年は久々に買ってみました。

 

鶴の舞う包みもお目出度い、鶴屋吉信の花びら餅。

 

しっかりとした貼り箱のこの色合い。

桃色から若草色のグラデーションが新春らしくて、心も浮き立ちます。

 

花びら餅のいわれを書いた栞とともに、

ひとつひとつ、ポケット状になった包みに入っています。

 

ふっくらとした求肥から、ほんのりと紅色が透ける様子は

花びらを思わせる上品な佇まい。

しかし、ニョキッと飛び出したゴボウの存在感が何とも気になります。

 

この花びら餅、今でこそ、あちらこちらのお店で見かけるようになりましたが、

以前は京都あたりでしか食べられていなかったと思います。

初めて目にしたときは、まさかゴボウが挟まれているなんて思いもせず、

お店の方にたずねたところ、ゴボウだと聞いてビックリしたことを

懐かしく思い出します。

 

 

それにしても、ゴボウが使われているのは何故なのでしょう?

 

それは平安時代、宮中で行われた元日の行事、『歯固め(はがため)の儀』に

由来するそうです。

丸く平らに薄く伸ばした白餅(鏡餅)の上に、

小豆汁で赤く染めた薄い菱形の餅を重ねて、

大根、猪、押鮎(鮎の塩漬け)、橘や瓜などを乗せたものを食べて、

歯の根を固め、長寿を願う儀式だった様です。

 

それが徐々に簡略化されて、白餅の上に赤い菱餅と白味噌、

押鮎に見立てたゴボウを乗せた宮中雑煮と呼ばれるものが、

勤めていた方々にそれぞれ配られ、2つ折りにしてその場で食べたり、

持ち帰ったりしたのだとか。

ちなみに、“雑煮”と言っても、汁気は無いものだそうです。

 

明治時代になると、裏千家が初釜のお菓子として出すことを許され、

新年を代表するお菓子に。

その際、お菓子の創作を依頼されたのが、ずっと御所にお菓子を納めていた

川端道喜だったそう。

以来、“菱葩(ひしはなびら)”、“花びら餅”などと呼ばれて来たこのお菓子、

鶴屋吉信では、代々“御所鏡(ごしょかがみ)”という銘で作られています。

 

名前だけでなく、お菓子自体も、お店によっても少しづつ違っていて、

外側がお餅だったり、求肥だったり、中には白い外郎製のところも。

白味噌あんと一緒に包まれているのも、紅色に染めた白あんのお店もあれば、

人参を入れているお店もある様です。

 

 

鶴屋吉信では、白いやわらかな求肥に甘めの白味噌あんを包んであります。

それから、紅色に染められた菱形の薄い羊羹と、蜜漬けのゴボウも。

このゴボウがとっても美味しくて、このゴボウだけでもお茶菓子として

袋入りで売っていたらいいのに!と思う程です。

 

切ってみると、切り口がとっても華やか!

新年らしく、晴れやかな気持ちになれるお菓子でした。

 

 

鶴屋吉信 本店 

京都府京都市上京区今出川通堀川西入る
TEL : 075-441-0105

author:スーベニイル, category:全国銘菓:関西地方, 03:23
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1186011