RSS | ATOM | SEARCH
今年最後の、小さなクラフト展

今日は、八幡神社での小さなクラフト展の日。

 

金神社のすぐ西にある、小さな神社で偶数月の第一土曜日に開催される

のんびりとしたクラフト展です。

暑すぎる8月と、雪が心配な2月はお休みで、4月、6月、10月、12月と

年4回の開催だから、今年は今日でお終い。

来られて良かった!

 

 

まず向かったのは、サンデービルヂングマーケットでもお馴染みの

お菓子屋Riettoさん。

 

ラム酒がしっかり効いたモンブランのタルトには、

揖斐菓匠庵 みわ屋さんの利平栗渋皮煮が贅沢に使われています。

ラ・フランスのタルトに使われているのは、長野の農家さんから仕入れた

無農薬の洋梨だそうです。

洋梨は、長良ワインでコンポートに仕立てたとのこと。

食べてみたら、ふわっとハチミツの様な香りがしたけれど、

ワインの風味なのかなぁ。

 

甘酸っぱいフランボワーズジャムがサンドされたヴィクトリアケーキや、

ラム酒入りガナッシュが入ったティグレに、

焦がしバターの香りがリッチなフィナンシェも。

 

それから、外側がカリッカリのカヌレも!

サンビルよりも行列が少ないから、Riettoさんとも色々お話出来て

楽しかったです♪

 

行列と言えば、今日は、看板犬の柴犬ちゃんたちがかわいすぎる

焼き菓子の黒柴商店さんの行列が凄かった・・・。

というのも、製造施設の閉鎖のため、今日を最後に

お菓子作りの活動を休止されるからで、ファンの皆さんが

沢山来られ、お菓子もあっという間に完売でした。

寂しいですが、また活動再開される日を楽しみに待っていたいですね。

 

今日は、餃子や焼き芋のお店があったり、いつものお店も

ちょっと違う配置になっていたりで、新鮮な感じでした。

 

毎回立ち寄る、各務原のジャム屋さんsweet-jamも珍しい場所に・・・。

ジャムの色合いもすっかり秋色。眩しいオレンジの瓶が多く並んでいました。

各務原といえば!のにんじんジャムはさっぱりとした甘さで、

ヨーグルトとの相性好し!

金柑好きの姉は、あまり出合えない金柑ジャムを買うことが出来てうきうき♪

柚子ジャムもですが、チョコレートと合わせると美味しいのです。

チョコレートフレーバーのアイスにもおすすめですよー。

甘酒ミルクは、ほんわりやさしい味わい。

ほわほわやわらかいパンに塗って食べたい。ホットミルクに入れても。

 

 

さて。お腹をペッコペコに空かせて、お昼ご飯に向かったのはここ。

みそかつの名店、一楽さんです!

 

高島屋南の再開発エリアに入っているので、この場所での営業は

1月下旬までだそうです。

細長いカウンターだけで、その後ろを人ひとりがやっと通れる激狭な

この場所が楽しめるのもあと少し。

とりあえず、今のうちに何度か足を運んでおきたいのです。

 

ここはやっぱり定番の『みそかつライス』。

今日はおやつをいっぱい食べる予定なので、赤だしor豚汁の追加は我慢。

たっぷりかかった味噌は、見た目ほど濃くはなく、ここに辛子を追加するのが

また、たまらなく美味しい。

お肉の美味しさは言わずもがな。

しっとりとやわらかく、何もつけなくてももちろん美味しい。

そして、何より凄いのが衣。

まったく油が重たくないから、ペロリと平らげてしまうのです。

食べたことは無いけれど、かつが1.5倍量の『Wみそかつライス』も

食べられそうな気がします。

 

 

でも、今日のところは、お腹に少ーしスペースを残しておいての

食後のデザート。

珈琲を買ってきて、Riettoさんのシュークリームを頂きました。

さっくりしたシュー生地に、カリカリのアーモンドトッピング。

バニラいっぱいのカスタードは甘すぎず、程良い満足感。

幸せ〜♪

 

 

さすがにお腹がいっぱいなので、柳ケ瀬をぶらぶら。

やながせ倉庫にも寄って、団地 B-505でこんなブローチを見つけました。

plus alphaさんの、木で出来た、糸巻きブローチ。
糸の色は、他にも黄色や緑、青などがありましたよ。

 

面白いのが、ブロックオーナメントというオブジェシリーズ。

小さな四角い穴が開いた板に、好きな建物や柵や人などパーツを差し込んで

自由な組み合わせでオリジナルのオブジェが作れるというもの。

集めてみたいなー。

 

 

そうそう、12月に入ったので、クリスマス用に骨付きモモ焼きを

注文しなくては!と、高島屋南口そばの若鶏専門店鳥倉総本店さんへ。

大きめでふっくらとやわらかい、ここのモモ焼きの美味しさを知ってしまったら

もう他のお店では買えません。

こちらも、再開発エリアで、この場所での営業は1月までだそうです。

ゆくゆくは、新しく出来るビルの中で再び営業されるとのこと。

これからのクリスマスも安心です!

 

大好きだった、お向かいの中華料理 北京さんは再開発を機に

閉店されてしまって寂しい・・・。

名物の、真っ黒なげんこつみたいな黒酢酢豚がもう食べられないのが残念です。

そんな北京さん前に、なにやら沢山のものが並んでいると思ったら、

「ご自由にお持ちください」コーナーでした。

お店にあった食器類のストックなどがズラリと並んでいました。

パーティに使ったら楽しそうな、フルーツポンチ用セットとか

中華皿セットなどもありましたが、気軽に使えそうな足付デザート皿や

小さな酒杯を貰って来ました。

それに、思い出深いマッチや爪楊枝も。

まだまだ沢山ならんでいたので、気になる方は是非。

 

 

再開発で今後また柳ケ瀬もどんどん変わって行きそうですが、

いつまでものんびりと気持ちの良い町であって欲しいです。

author:スーベニイル, category:岐阜まちなか散歩, 23:29
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1186006