RSS | ATOM | SEARCH
金魚のまちへ

先日、刈谷市美術館へ行った際に知ったイベント、

『やとみ金魚アクアリウム&深堀隆介展 2018』を観に

金魚のまち、弥冨へ行ってきました。

 

こちらのイベント、市民文化祭や商工会のにぎわいまつりといった

地元イベントの一部として行われていたようで

深堀さんのトークショーもあるのにも関わらず

なんと、すべて入場無料という太っ腹企画。

 

まずは予想よりも大きめの金魚たちに驚かされましたが

 

球体の水槽だー。中心の金魚、カメラ目線では?

趣向を凝らした照明で、会場内はなんだか不思議な雰囲気。

 

 

床にも金魚の影がゆらゆら。

はじめて見たオレンジと黒の金魚、かっこいいー。

 

深堀さんの作品は撮影不可でしたが

先日の刈谷市美術館には並んでいなかった新作ばかり!

しかも、この後にアメリカに送られるので

日本で観ることができる機会はこのイベント期間中のみだったそう。

もちろん数は少なめだったものの

美術館での展示よりも近くでじっくり観られて大満足でした。

 

トークショーでは、刈谷市美術館での展示作品についての解説も。

「実はあの作品にはこういう意味があって」とか

「あの箪笥は義理の母の嫁入り道具だったんですが」とか

そうだったんだ!と思うことがいろいろ。

興味深いお話ばかりで、もっともっと聞いていたかったです。

 

トークショー後の金魚クイズも盛り上がりましたが、

副市長や金魚組合の方がしっかりと正解されている姿は

さすが金魚のまち!という感じで、ちょっと格好良かったです。

 

会場の弥冨市総合社会教育センターのお隣には

愛知県埋蔵文化財調査センターという施設がありました。

愛知県内の発掘調査や資料の管理などをここで行っているようです。

秋の特別公開中だったので待ち時間に行ってみました。

現在の清須市から名古屋市西区にまたがる朝日遺跡は

弥生時代の巨大な集落跡。

出土品は国指定重要文化財だそうです。知らなかったー。

ロビーには、朝日遺跡から出土したものを復元した銅鐸。

自由に打って鳴らせます。

出土した土器の欠片の拓本を採らせてもらえて

しおりにしてもらえるワークショップにも参加しちゃいました。

弥生時代の技術でこんなものまで!など、展示もなかなか楽しめましたよ。

 

そして弥冨まで来たからには、ここに行かなくちゃ。

金魚もなかが有名な大橋屋さんです。

レトロかわいい看板も撮らせていただきました。

持って帰る間ずっと香ばしい香りがしていた

かわいい金魚もなかのご紹介はまた後日!

 

ちなみに、弥冨市内の金魚スイーツを出しているお店を巡ると

深堀さんの金魚イラストの『やとみ恋守り』がもらえる

スタンプラリーも開催中だそうですよ。

大橋屋さんも参加されているし、いろんなお店を巡るのも楽しそうですね。

author:スーベニイル, category:おでかけ, 18:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185998