RSS | ATOM | SEARCH
南インドを満喫♪

と言っても、南インドへ行ったわけではありません。

行き先は刈谷市美術館

展示内容に合わせて入り口も南インドチックになっています。

南インドの定食、ミールス食べさせられ放題のあとは

こちらもとっても楽しみにしていた

『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦』展へ。

 

美しいハンドメイドの本で知られる南インドの出版社、タラブックス。

民俗画家が描いた絵を、なんと!手漉きの紙に

シルクスクリーンで手摺りし、さらにそれを手で綴じた、

美しい工芸品のような絵本を作り出しています。

 

今回はそんな美しい本や原画はもちろんのこと、

制作過程がわかる映像や、南インドの文化が伝わってくるような

映像、写真までもが展示されている盛り沢山な内容。

しかも、そのすべてが撮影OKなんです!

もちろん、タラブックスを有名にした絵本『夜の木』も。

知らなかったけれど、日本語版の文字デザインは

実は大好きなセキユリヲさんでした。言われてみれば!

 

『夜の木』では、夜になるとその本性を現すという

さまざまな木の美しい姿が描かれています。

たとえばこちら、『飲みすぎにご用心』。

かわいい絵だなと思いきや「飲みすぎると獣になるよ!」という

教訓を絵にしたものでした。

 

どれもプリミティブな、素朴で力強い魅力に溢れています。

それでいて、とっても繊細。

見れば見るほど、なんだか不思議な絵ばかり。

きっと、その根っこはインドの人々の意識や思想や歴史や

そんないろんなものに繋がっている気がします。

技術とかの問題だけじゃなく、こんな絵、わたしには絶対描けない。

 

赤×黒が格好いいシリーズ。まわりを飛ぶのはミツバチ?

 

『幸運の魚』のタイトルどおり、

見てると幸せな気持ちになっちゃう魚たち。

 

『数』がテーマの絵本の中の一枚。

ゆるい動物たちがかわいいです。

 

インド人画家がイギリスに行った時の体験を描いたもの。

こうなりますか!といった感じ。

 

こんな民芸品も展示されていました。

なるほど、絵のタッチと同じものを感じます。

 

実物を手に取って、じっくり読めるコーナーも人気でしたよ。

ちびっこも大人も夢中で読んでました。

 

「うわあ!本当に手仕事なんだー」という制作過程や

初めて見る『ラーマーヤナ』を絵と歌で伝える姿など

カラフルな映像も見応えたっぷり。

 

売店では高額な書籍、ポスターなども販売していました。

決心できずに帰っちゃったけれど、

やっぱりいつかは、あの美しい絵本が欲しいなあ。

 

ちなみに出口には同時開催の

『怪談えほん原画展+稲生モノノケ録「ぼくはへいたろう」の世界展』の

宇野亞喜良さん描く、へいたろうの姿が!

 

実はこの展覧会だけでも見応えたっぷり!

『怪談えほん』の存在を今回はじめて知りましたが

さほど怖がりではない私でさえ

こどもの頃に読まずに済んだ幸運を、かみしめずにはいられません。

『怪談えほん』とはよく言ったもので

日本の怪談的に、じわり、じわり、ひたひたと

静かに怖さがやってきて、こどもの頃に手にしていたら

おそらくトラウマになるレベル。

実力派の作家×画家の才能、恐るべし!

 

展示されている絵本の、怖いページが破れた跡があって

「怖くて、ああっ!ってなって破っちゃったのかも?」と思うほど。

でも、その後の『へいたろう』展示室では

(物の怪はいっぱい出てくるものの)

宇野亞喜良さんの愉快かつ美しいイラストで、 ちょっと怖さを忘れられます。

 

展覧会はどちらも6月3日(日)まで。

お腹いっぱいで今回は行けませんでしたが

毎回、展覧会オリジナルの和菓子と抹茶が楽しめる

美術館隣の茶室「佐喜知庵」もおすすめです。

会期中に味わえるのは『猫が好き』という、かわいい猫の顔の生菓子。

市役所の食堂や総合文化センター内のレストランでも

コラボメニューが楽しめるそうですよ。

 

小さいながらも、とっても魅力的な展示が多くて

近くはないのに、つい行きたくなる刈谷市美術館。

次はどんな展覧会に行くことになるのか、今からわくわくしています♪

author:スーベニイル, category:おでかけ, 21:05
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185980