RSS | ATOM | SEARCH
葉っぱのお皿でいただきます!

マサラワーラーさん(インド料理ユニット)が作る

『ミールス(南インドの定食)』を

バナナの葉っぱのお皿で好きなだけ食べられる!”という

なんとも魅力的なイベントに参加してきました。

 

わー、バナナの葉っぱ!

右上のは『ラッサム』というトマトとタマリンドのスープだそう。

食欲増進の効果があるそうです。

おいしそうなミールスがスタンバイ中。

 

ホワイトボードにはお品書き。

写真だと見づらいと思いますが

「ずっとおかわりにいくので いらないときはことわってください

 しつこくいきます!」の注意書き。

『食べ放題』じゃなく、実は『食べさせられ放題』だそうで

座っているだけで、どんどんミールスが盛り付けられていくスタイル。

わくわくしながら座って待ちます。

 

まず、ご飯がきましたよー。

続いて「サーンバールでーす」。ふむふむ。豆と野菜の煮物っと。

その後も次から次へと載せられていきます。

お皿の上は混沌としてきましたよ。

なんだか食べるのにも忙しくなってきました!

あげせんべいのアップラムは割ってご飯にかけてみました。

丸くてかわいいのはワダという、ドーナツ状の豆のコロッケ。

写真撮るつもりで手じゃなくてスプーンで食べてたのに

思っていたより写真が少なかったのは

きっと途中から食べるのに夢中になっていたからでしょうね…。

通称『ニラ』『キャベツ』と、たぶん『アヴィヤル』が

特においしかったです♪

南インド料理は、思っていたよりもずっと、やさしい味。

辛いのが得意じゃない人でも大丈夫そう。

単品で食べても混ざってもおいしいし、野菜もたっぷり。

これなら毎日飽きずに食べられそうです。

 

気が付けばすっかりお腹がいっぱい!

それでも、かなりたっぷり用意してあったようで

「ナスどうですか〜」「ライス、ライス!」「ニラー!ニラ!」と

ぐるぐると会場を回りつつ、おかわりを勧めてくれます。

「ください!」って言うと喜んでもらえるので

嬉しくなって、ついつい食べ過ぎちゃいました。

でも残念ながら、お腹の容量には限りがあるんですよね。

もりもり食べる若者が、終盤になっても「ライス!」なんて

おかわりすると英雄のごとく「おお〜っ!」と称えられていました。

なんだかきっと、いい人ばっかりの会場でした。

 

今回のイベントは定員を超えての応募があったそう。

運良く参加できて本当に良かったです!

そんなイベントが行われたのは実は『刈谷市美術館』。

南インドの出版社、タラブックスの本の展覧会に合わせて

南インドの定食を食べられるというイベントだったんです。

実はもともと、こちらの展覧会を観に行くつもりで

美術館HPを見てこちらのイベントを知り、

「ミールス、おいしそう!」と申し込んでみたんです。

なので、展覧会の内容は次へと続きますよー。

author:スーベニイル, category:おでかけ, 20:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185979