RSS | ATOM | SEARCH
【全国銘菓:京都府】鶴屋寿 『嵐山さ久ら餅』

日増しに春めいて、日中はすでに初夏の様な陽射し。

このままでは、すぐに春が終わってしまいそう!

まだ桜餅も、存分に味わっていないのに・・・と、

早速買って来たのがこちら。

京都嵐山の、桜餅専門店 鶴屋寿のさ久ら餅。

薄紙から透けて見える桜色の箱に春を感じます。

 

薄紙も、折り鶴の模様とお店のロゴが入っていて素敵。

 

桜の枝が描かれた箱を開けると・・・

 

小さな箱に、ぎゅうぎゅうに詰められた桜餅が!

あたりの空気までも桜色に染めてしまいそうな、桜葉の良い香りが広がります。

 

こちらの桜餅には、塩漬けした 薫り高い伊豆・大島桜の若葉が

2枚も使われているのです。

つまり、香りも2倍!本当に良い香りです。

 

2枚の桜葉の間に控えめに顔を出すのは、道明寺を使った関西風のお餅。

よく目にする桜餅は、淡いピンクに染められていますが、

ここのは染めてはおらず真っ白です。

 

中のあんこはこしあん。

 

道明寺独特のもちっとした食感と滑らかで、あっさりとした甘さのこしあん。

ちょっと小さめのお餅は、とても上品な味わいです。

桜葉は大好きなのですが、2枚だとお餅の大きさに対して多いので、

少々渋みを感じました。

1枚だけお餅と一緒に頂いて、1枚は剥がして別の楽しみ方をするのが

良さそうです。

お茶に入れて桜茶にしたり、ご飯に混ぜ込んで桜ご飯にしたり、

細かく刻んでバニラアイスに加えるのも美味しそう。

しおりには、葉を付けたまま油で揚げても違った風味が楽しめるとありました。

そんな食べ方も、今度ぜひ試してみたいです。

 

鶴屋寿は、昭和23年3月に鶴屋吉信から独立したお店だそうです。
嵐山の老舗高級料亭でのお茶菓子とお土産にと生まれた桜餅を

専門で作って来たこちらでは、1年を通してこのさ久ら餅を販売しています。

桜の季節ではない時に、春を想いながら頂くのも、乙かもしれませんね。

 

 

 

《追記》

 

後になって、京都新聞が掲載していたさ久ら餅についての

記事を見付けました。→

 

それによると、お店としては、桜葉は食べずに香りを楽しむだけにとどめて、

丹精こめた餅の歯ざわりと、こし餡のほのかな甘さを楽しんでほしいとのこと。

そして、作られてから1日置いた方が、葉の香りと塩気が移って味がなじみ、

餅の表面のつぶつぶがなめらかになって美味しいのだそうです。

 

次回、こちらの桜餅を頂くときには、一度このおすすめの食べ方を

試してみようと思います。

 

とは言っても、人それぞれの好みで、美味しいなと思う食べ方が一番ですよね!

 

 

鶴屋寿

京都府右京区嵯峨天龍寺車道町30番地の6
TEL : 075-862-0860

author:スーベニイル, category:全国銘菓:関西地方, 00:13
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185966