RSS | ATOM | SEARCH
【全国銘菓:長野県】開運堂 『初春づくし』

本日も、新春ならではの、素敵なお菓子をご紹介します。

年末に数量限定販売される、お正月用の半生細工菓子『初春づくし』という

お菓子の詰め合わせ。

 

お舗の名前さえもお目出度い、『開運堂』。

 

包みを開けると、うっすらとお舗のロゴが浮かんだ和紙貼りの、

上品な箱に熨斗掛けしてありました。

 

さてさて、中身は・・・

「わぁ、綺麗!」と思わず声が出てしまいました。

華やかで美しい、そして縁起の良いお菓子がギューッと詰まっています。

 

全部で6種類。

よくよく見れば、そのどれもがとても手の込んだもので驚きます。

一番上の、白い三角は、『大空を舞う鶴』。

ちょん、と赤い点を打っただけで鶴を表したシンプルな姿が素敵です。

寒天と摺り蜜を煮溶かして練り上げた、滑らかな寒氷製。

 

その右下は、『寒中を彩る梅』。ゼリーで作られています。

紅白揃って、愛らしい姿。

しかも、紅白で味わいも違うのです!

紅梅には梅肉が、白梅には梅酒が入っていて、ちょっぴりですが

違う味わいが楽しめます。

さらに、ゼリーの下にはふんわりとした淡雪のような生地が。

 

その下の茶色いのは、『富を表すころ柿』。

こんなに小さいのに、柿の果肉入りの柿餡を求肥で包んでいるという

凝りよう。

 

左は『大地より春を告げる水仙』。

ガラス細工の箸置きのようで、ずっと取っておきたくなってしまいます。

こちらは、羊羹で作られています。

白い花は、工芸菓子でよく使われている、パリンと固ーい雲平製。

 

その上は、石衣製の『青々と力強い松』。

やわらかい松露みたいな感じです。

糖蜜から透けた葉の筋に枝の茶色。

齧ってみると中から現れる羊羹の緑は、翡翠のような鮮やかさ!

 

眺めれば眺めるほど、職人さんの仕事ぶりにため息が出るばかり。

ここまで手の掛かるお菓子では、やっぱり数量限定なのも納得です。

新年から眼福なお菓子を頂けて幸せです♪

 

 

開運堂 本店 

長野県松本市中央2-2-15
TEL:0263-32-0506

author:スーベニイル, category:全国銘菓:北陸・甲信地方, 15:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185955