RSS | ATOM | SEARCH
満喫♪ジビエランチ

あちこちで金木犀が香る、いい季節。

いろんなものがおいしい季節ですが

「そろそろジビエのおいしい季節なのでは…」と

前から気になっていた、谷汲の里山きさらさんへ行ってきました。

 

お隣の喜更さんでお蕎麦を食べたことはあるものの、

シャルキュトリー・レストランである里山きさらさんは今回はじめて。

最近よく耳にするようになったジビエとはフランス語で

『狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉』を意味する言葉。

そしてシャルキュトリーはハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどの

『食肉加工品の総称』だそうですよ。

(以上、くいしんぼう豆知識でした。)

 

窓辺にはお花。谷汲ならではの森がすぐ近くに拡がっています。

暖かい日なら、テラス席も気持ち良さそう!

あれはきっと、おいしい生ハムになるんだろうなあというお肉が

隅に吊るされていました。

おいしいものが出てきそうな予感にわくわくします。

 

ハンバーグやカレー、ロースト重など

おいしそうなランチがいろいろで気になりましたが

私が今回食べたのは、シャルキュトリーコース。

グラスワインの赤も頼んで、準備は万端!

自家製(!)の肉厚スモークサーモンサラダから始まって

コンソメスープに

盛り沢山な、シャルキュトリー盛り合わせ。

鹿の生ハムはわかったけれど、説明がなかったので

ハムやテリーヌの詳細は今ひとつわからないままで残念。

添えられた赤たまねぎのコンフィチュールがまた、いい仕事しています。

パンにも自家製のパテが添えられています。嬉しい♪

バジル入りのパンもおいしかったー。

数種類のリゾットとパスタから好きなものを選べますが

今回は鹿肉のボロネーゼを。お肉ごろごろでボリュームたっぷり。

わー、ワインも頼んでおいて良かったー。とっても合います。

 

そしてコーヒーとデザート盛り合わせまで。

こちらも説明がなかったものの、おそらく

スイカのグラニテと紫いものタルトとプリン。

こんなに盛り沢山で大満足のコースですが

実は税抜で¥2,000なんですよー。もう大満足でした♪

ちなみに¥1,000プラスすると、メインの肉料理が付けられます。

もうお腹がいっぱいだったので

一口だけ鹿のローストを分けてもらいましたが

焼き加減も良くておいしかったです!

臭みはまったく気にならず、どれもおいしく頂きましたが

メニューにはおいしそうな美濃けんとんもあるので

もしジビエが苦手な方と行っても大丈夫そうですよ。

 

冷蔵ケースではシャルキュトリーもいろいろ売られていて

「さっき食べたのは、これかな?」ってのがそれを見て分かりました。

モーニングもあるし、ほかのランチメニューも食べてみたいし

ぜひまた行ってみたいお店です。

 

そして、この季節にここまで来たら、せっかくだから寄りたいお店が。

そう、私たちの大好きな揖斐菓匠庵 みわ屋さん。

今年もあの利平栗の渋皮煮を買いたい!

残りわずかでしたが、無事に買えました!良かったー。

毎年見ても驚く大きさ!

そしてやっぱりおいしい♪

店内には栗きんとんに栗おはぎ、栗きんとんが入ったしらゆき餅など

ほかにも魅力的な栗のお菓子が並んでましたよ。

写真撮らずに食べちゃいましたが、なんと栗きんとんの1.5倍の栗を

使っているという、お店の方おすすめの栗おはぎもおいしかったです。

 

本当に、いつもに増してお腹が忙しい季節。

秋はまだまだこれから!がんばれ、お腹!

author:スーベニイル, category:ごはんとおやつ, 17:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185937