RSS | ATOM | SEARCH
【全国銘菓:岐阜県】すや 『栗きんとん』

岐阜の秋といえば、柿と栗。

中でも人気なのは、栗を使ったお菓子、『栗きんとん』ではないでしょうか。

栗きんとんと言うと、県外の方は“お正月のおせち料理に入っている、

栗の甘露煮にまとわせた、甘〜い栗あんやサツマイモあん”を

思い浮かべるかもしれません。

和菓子の栗きんとんは、炊きあげた栗を裏ごしして、砂糖を加えて

茶巾絞りにしたものです。

 

栗きんとんで特に有名な岐阜県中津川市は、栗きんとん発祥の地とされ、

栗きんとん販売店とそのお店の栗きんとんが詳しく紹介されているMAPが

中津川観光センターにぎわい特産館などで手に入ります。

各店の栗きんとんがセットになって一度に味わえる『栗きんとんめぐり』という

素敵すぎるセットも販売されています。

 

同じ栗きんとんでも、栗粒の大きさや量、甘さやしっとり具合など、

それぞれのお店で全く違う味わい。

我が家のお気に入りのお店もいくつかあるのですが、すやの栗きんとんも

そのうちのひとつ。

毎年9月1日の新栗の栗きんとん発売を、心待ちにしています。

 

この包みを手に帰るのが、どんなに嬉しいことか!

 

元禄年間創業のすや。

箱には、中山道に立つ藁葺屋根の茶店が描かれています。
でも、創業当時は今のように和菓子舗ではなく、お酢を商うお店だったそうです。

だから店名が、酢屋→すやなのですね。

そういえば、以前、県外からやって来た知人が、

看板に右から書かれた店名を見て、「やす?」と呟いたので、

「“すや”だよ。」と教えると、「店主の男の人の名前かと思ったー!」と言うので、

2人で大笑いしてしまいました。

 

待ち遠しかった、秋1番の栗きんとんは、

薄紙の包みを開けるのさえ、もどかしく思うほど・・・。

 

原材料は、栗とほんの少しのお砂糖だけという、本当にシンプルなお菓子。

1つの栗きんとんを作るのには、約4個分の国産栗が使われているそうです。

すやの栗きんとんは、少ししっとりめで肌理細やか。

口の中でほろりと解けて、まったりと舌を包み込む、栗よりも栗らしい

秋の里山の味。

舌の上に残った栗粒がまた、程よい大きさで、それを噛みしめつつ、

最後まで栗の余韻に浸ることが出来ます。

 

日持ちは3日程となっていますが、保存料などを一切使っていないので

だんだんと水分が抜け、味も落ちてしまいます。

一刻でも早く頂いた方が美味しく頂けますよ!

 

 

すや

岐阜県中津川市新町2-40
TEL : 0573-65-2078 / 0573-66-2636
フリーダイヤル:0120-020-780

author:スーベニイル, category:全国銘菓:岐阜&東海地方, 00:08
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185936