RSS | ATOM | SEARCH
ゴジラ、名古屋上陸!

実は怪獣大好きな姉。

名古屋市博物館ゴジラ展が開催されると聞いて、これは行かねば!と、

しっかり前売りも買っておいたのです。

 

いざ名古屋!

博物館の入り口看板に、テンションも上がります。

 

混雑を避けて、平日の開館直後くらいにに到着したら、

ちょうど行列もなく、普通に入れました。

 

入ってすぐのロビーには、リアルなミニチュアの街並みが。

ゴジラ映画の特撮美術を手掛けてきた三池敏夫さん監修で、

細かいところまで本当によく出来ています。

ビルにゴジラ展の看板が掲げてあったり、博物館の次回の展示

"ピーターラビット展"の看板やドアラの看板も!

 

このセットは、街並みの後ろ側にまわると、ゴジラのように巨大化した感じで

写真が撮れるコーナーにもなっています。

 

私は1人で行ったので、他のおひとりさまの真似っこをして

巨人目線で、こんな風に写真を撮ってみました。

 

背景の雲には、ゴジラVSモスラ雲も混じっていますよ!

こんな遊び心に、ニヤリとさせられます。

 

入り口では、音声解説イヤホンを借りました。

今回の解説が、佐野史朗さんだったので。

 

ゴジラが生み出されるまでの資料いろいろや、歴代映画のポスター、

特撮美術班の図面や指示書、デザイン画、立体造形などなど、盛り沢山!

 

とにかく、特美班の熱が凄い。

丁寧に書かれた図面や指示書を眺めていると、現場の空気が伝わって来る様。

隅っこに「各パートの皆様よろしくお願いします」「〜したいです」なんて

書き込んであったりして、沢山の人と人とのやりとりがあって作品が

作られて行ったのだなぁと思うと感慨深いです。

しかも、壊すためのものをこんな熱量で作り込むというのが

なんだか不思議な仕事だなぁと思えて来ました。

あの場面は、こんな風に作られていたのか!と知る楽しみもあり、大満足。

 

生瀬範義氏による、貴重なアクリル画のポスター原画も4点ほどありました。

生で見るとまた迫力が違います!

 

そして、やっぱり心浮き立つのは、スーツです。

ゴジラやキングギドラのスーツが並ぶコーナーでは、イヤホンから流れる

音声解説の佐野史郎さんの声も興奮気味。(笑)

これは撮影禁止なのが残念。

 

でも、会場では撮影OKのものもいくつかありますよ。

 

2002年制作のゴジラスーツ。

ゴジラがすぐ目の前に!!

後ろ側にまわってみたり、いろいろな角度から眺めてみては、思わずため息。

どっしりとしていてカッコイイのです!

 

そして、シン・ゴジラの全身造形に・・・

 

半壊の東京駅も。

 

シン・ゴジラファンの皆さんは、実際の映画では使われなかった、

アニマトロニクスの展示に大興奮の様子でした。

 

展示の最後には、名古屋城でゴジラと戦える、

特撮体験スタジオコーナーもあります!

 

でも、大好きなゴジラと戦う気が起きず、思わず「おいで〜!」の

ポーズを取ってしまいました。

こちらは、自分でモニターを見ながらポーズを決めたところで、

係りの方が操作してくれます。

画面に映し出されたものをスマホやカメラで撮影するので、

おひとりさまでも大丈夫ですよ。

 

もちろん、グッズも買って帰りました。

会場限定のクリアファイルと、オリジナル冊子『GODZILLA 特撮現場』、

手ぬぐいです。

ファイルとオリジナル冊子は、在庫切れになることもあるみたいなので、

博物館のツイッターでチェックすると良いですよ。

(ちなみに、グッズ販売コーナーは展示会場内にあるので、

グッズだけを買うことは出来ません。)

 

帰りに名古屋駅でタカシマヤ ゲートタワーモール8Fの三省堂書店に寄ったら、

ゴジラ関連書籍のコーナーがあるのを見つけて、本も買ってしまいました。

 

高まる気持ちのまま、脳内でエンドレスにゴジラのテーマが流れ、

今はCDが欲しくてたまらなくなっています。(笑)

 

 

〈おまけ〉

和菓子好きな方、博物館のすぐ近くの山田餅本店、おすすめですよー!

豆大福やおはぎが人気のお店です。

ゴジラ好きで甘いもの好きの方は、ぜひ!

author:スーベニイル, category:おでかけ, 08:10
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185922