RSS | ATOM | SEARCH
いろんな発見!

ムーミンにマリメッコ、イッタラなど

日本でもおなじみのフィンランド生まれのものたち。

「フィンランド独立100年を記念して開催」ということは、つまり

フィンランドのデザインの歴史を一度に見られる機会!というわけで

『フィンランドデザイン展』を観に愛知県美術館に行ってきました。

 

入り口では、ムーミンがお出迎え。

今思えば、わたしが最初に触れたフィンランドデザインはムーミンでしょう。

そういう意味でも、入り口にいるのがふさわしいのかも。

 

平日だったので混雑もなく、ゆったりとした空間で

さまざまなフィンランドデザインに触れることができました。

どれも素敵なんですが、現在も販売されているものも多くて

展示品がどうしても『商品』に見えてしまうような。

そのデザインが生まれた背景や歴史をもう少し深く知りたかったです。

なので「はじめてデザインしたものは?」

「自分でデザインしたものの中からなにか買うとしたら?」などの

デザイナーへの質問と回答をまとめたパネルは興味深かったです。

会場でもらえる『鑑賞ガイド』もグッドデザイン。

内側にはレシピも紹介されていて、コンパクトながら充実した内容でした。

 

会場内で唯一、撮影可能なのがこちら。

いろんな色、柄のマリメッコのテキスタイルが展示されています。

中には、スーベニイルの手ぬぐい展でもおなじみだった

SOU・SOUのデザイナー、脇坂さんのマリメッコ時代のものも!

一番右にチラリと見える、カラフルな車が並んだ

『Bo Boo(ブーブー)』という柄がそうです。

 

会場の外にもお楽しみが。

展示されていた、憧れのボールチェアにも座れちゃいます!

すっぽりと体が収まる感じで、ふかふか♪

座り心地抜群でした。

 

お茶目なこの椅子にも座れちゃいます!

 

この椅子のシルエットがプリントされたポストカードが置いてあって、

自由に色が塗れる、かわいらしいコーナーもありましたよ。

 

その後、所蔵品を展示する『コレクション展』へ。

改修工事を控えた美術館にちなんで

今回は『美術館を(一足早く)解体する』がテーマ。

これが(失礼ながら)まったく予想していなかった面白さでした!

展示や修復のためなどに、美術館では日々美術品を解体しているわけですが

絵の裏に違う絵が描かれていたり、額裏にいろいろな情報が記されていたり、

X線を当ててみたら下には違う絵が隠れていたり。

思いがけない発見もいろいろあるようです。

 

所蔵品の茶道具を包んでいた紙を開いて見てみたら、実は

別の所蔵品の掛け軸の書の書き損じだった!とか

予算の関係で、上下に分かれている作品の"上"しか買えなかったけれど

違う絵を買った時に"下"を寄贈してもらえた!とか。

普段は見えていない部分に

なんてドラマティックなエピソードが潜んでいることか。

今まで観た『コレクション展』の中で、

歴代一位の面白さだったのは間違いありません。

(あくまでもスーベニイル姉妹調べですのでご了承を)
『フィンランドデザイン展』を観に行かれる方はぜひ、こちらも!

見た目は地味なのですが、普段は美術館の職員さんたちだけが

目にしているような秘密がいっぱいです。

 

 

そのあとは、中日ビルへ。全国物産観光センターに行ってきました。

気にはなってはいたものの、行ったのは今回がはじめて。

これがまた、楽しかったー。

種類は多くないものの、いろんな県の特産品が買えるし

パンフレット、フリーペーパーなんかも手に入るんです。

 

中でも気に入ってしまったのがこちら。

右側は秋田県のフリーペーパー。

表紙には、米粉で出来た愛らしい犬っこと、大好きな木版画家

池田修三さんの版画が!

スイーツのページはもちろん、街歩きの記事や、ページ角のパラパラ漫画にも

キュンとしてしまいます。

ああ、犬っこまつりに行きたい!秋田犬に会いたい!

 

左のは、青森県弘前市のアップルパイガイドマップ。

様々なお店のアップルパイの写真とともに、それぞれのパイの

甘味、酸味、シナモン度が記されていて、自分好みのはどれかなぁと

真剣に眺めてしまいます。

アップルパイ、食べ歩きたい〜!

 

その土地に行きたい熱が高まっちゃうような、パンフレットなのです。

 

さらに地下には愛知、長野、沖縄の県産品ショップもあるんですよ。

ちょっとした観光気分が味わえておみやげも買えちゃう素敵スポット。

またお買い物しに行きたいなと思ってます。

 

本日のお買い物。

長野県の無添加干し杏が入ったハーブティーは、

真っ赤なローズヒップや、黄色いマリーゴールドの花びら、

青紫の矢車菊の花びらも入って、彩も綺麗!

同じく長野県の干しぶどうは、いろいろなぶどうの品種のものが

ありました。

今回は、種入りのメルローを買ってみましたよ。

食べるのが楽しみです♪

author:スーベニイル, category:おでかけ, 00:38
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185911