RSS | ATOM | SEARCH
おいしいドイツ。そして桜

先日、ザッハトルテが食べたくなって向かったのは

数年前にa unで知った、ドイツ菓子エイトリィさん。

レンガが敷かれた桜通にある、雰囲気のいいレンガ造りのお店です。

 

表面のぶあついチョコレートと独特のしゃりしゃりした食感、

甘酸っぱいアプリコットジャムとチョコレートとのハーモニー。

時折、なんだか無性に食べたくなるザッハトルテですが、

食べられるお店は意外と少ないんです。

イートインだと、ザッハトルテには欠かせない

ゆるめに泡立てた生クリームも添えてもらえます。

しかも、なんだかおまけも付いてる!

 

私が店内でおいしく頂いてる間にも常連のおばあちゃま達が

「あれ、あるかね?あ、あったあった、ダブルチーズ」

「わたしもダブルチーズ」「あと、コーヒーね」と

お気に入りのケーキがあることを確認してからオーダー。

こんなふうに愛されているお店って素敵です。

きっとダブルチーズもおいしいんだろうなあ。

実は何種類もチーズケーキがあるのにも、こだわりを感じます。

 

そして、ここに来るとついつい買いすぎてしまうのが焼き菓子。

さくさくしたクルミの食感がたまらない『エンガディナー・ヌストルテ』や

ラズベリージャムの甘酸っぱさが癖になる『ヒンベルン』など

まるで呪文のようで名前を覚えられないけれど

どれもまた食べたくなるものばかり。

派手さはないけれど、丁寧に誠実に作られていることがわかります。

 

大好きなエイトリィさんですが、a unツイッターによると

なんと!5月下旬から休業されるそうです。とっても残念でさびしいー。

再開の予定を早く知りたいところですが、まずは休業前にまた行かねば!

気になっている方はどうぞお早めに!

 

そして、こちらも間に合いました。

 

岐阜といえば…な桜の名所。根尾の薄墨桜です。

改めて見ると、やっぱり大きい〜。

「蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、

散りぎわには特異の淡い墨色を帯びてくる」という薄墨桜。

見る場所や時間帯によって表情を変えていくので

ゆっくりと周りを歩きながら眺めていても見飽きません。

ライトアップ後の方が幻想的な姿を見せるからか、

暗くなってきた頃には、たくさんの人がカメラを手に集まっていました。

 

こちらは薄墨桜とは対照的に、まぶしいくらいの鮮やかさ。

偶然通りかかった桜の群生地。

こんなに紅い桜もあるんですね。

 

いろいろと満喫した、春の一日でした。

author:スーベニイル, category:おでかけ, 17:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185905