RSS | ATOM | SEARCH
【全国銘菓:愛知県】山田餅本店 『おこしもの』

3月になりました。

明日は、3月3日。ひな祭りですね。

和菓子屋さんの舗先に並ぶ、春色のお菓子たち。

ピンクに黄色、白、緑・・・。

かわいらしい色彩に囲まれると、なんとはなしに華やいだ気分になるのが

不思議です。

 

我が家には、小さなガラスケースに入ったお雛様があって、

こどもの頃にはちゃんと飾っていたのですが、今では物置にしまい込んでしまって

どうなっているのやら・・・。確認するのが怖いです。

 

そんな私ですが、今年はひな菓子を買って帰りました。

と言っても、ひなあられでも、菱餅でもありませんよ。

 

こんなお菓子です。

多分、左上がお雛様、右上が巻貝、下のが福良雀の形。

(右上の、もしかすると逆さまで筍かも!?)

 

愛知県(尾張・三河)の一部の地域で、昔から桃の節句に供えられて来た、

伝統的なお菓子で『おこしもの』というものです。

昔は各家庭で手作りされていたそうで、米粉を練ったのを木型に入れて蒸し、

食用色素でところどころ色を加えるという素朴なお菓子。

出来立てのやわらかいものは、そのまま砂糖か砂糖醤油をつけて食べ、

日をおいて固くなったものは、焼いてから食べます。

私たちは、やわらかいまま砂糖醤油で頂きましたが、

焦げ目の無い、さっぱりめのみたらし団子といった味わいです。

ひとつが手のひらいっぱいくらいの大きさと結構大きいので、

食べごたえありです。(笑)

 

買ったお店、山田餅本店の商品名では、『おこしもの』となっていますが、

地域や家庭によって、呼び方が違うらしく、『おこしもち』、『おしもの』、

『おこしもん』、『おしもち』などと呼ばれている様です。

木型から打ち出してつくるので、起こしてつくる起こし物、

木型に押し付けてかたどることから、押し物、押し紋というのが

その語源となっているみたいです。

 

今では、家庭で作る人も少なくなって、和菓子屋さんやスーパーで買うのが

一般的なのだとか。

作り方はそんなに難しそうではないし、私もちょっと作ってみたい!と思い、

木型を売っているところや値段を調べてみましたが、木型だと安いもので

だいたい4,000円弱といったところ。

近頃は、洋菓子用の型で気軽に作られる方もあるようです。
ちびっこのいるお家なら、そうやって一緒に作るのも粘土遊びみたいで楽しそう♪
 

それにしても、この『おこしもの』、江戸時代にはすでに作られていたという

伝統的なお菓子だというのに、隣県で生活しながらも10年ほど前まで

まったく存在を知りませんでした。

限られた地方で、しかも短い期間にしか販売されていないからなのでしょうね。

そういうお菓子がまだ他にもあるかもしれないと思うと、わくわくします!

これからも、素敵なお菓子たちに出合えますように。

 

 

山田餅本店

愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-18

TEL : 052-841-1501

author:スーベニイル, category:全国銘菓:岐阜&東海地方, 23:22
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185896