RSS | ATOM | SEARCH
【全国銘菓:埼玉県】菓匠 花見 『白鷺宝 よろこぶ』

松の内は過ぎてしまいましたが、新年らしいお菓子をご紹介します!

最近知ったばかりの、ちょっと面白いお菓子です。

 

シンプルな白い包み。

これを解くと、ハッとするような鮮やかなマスカットグリーンの箱が現れます。

下側の箱も、華やかな紫!

和菓子の箱は、割と地味めな色合いが多いので、こんな色合わせは

ちょっと珍しいですね。

そして、中のお菓子はというと、これも独特の包みです。

白い薄紙と金色の紙にふわっとくるまれたお菓子が、箱の中にぎっしり!

この金色の紙、マロングラッセとか、昭和の頃のお菓子でよく見かけた紙です。

ちょっと懐かしい・・・。

 

くるまれているのは、白くまぁるいお菓子。

大きさは、松露より2まわり程大きいくらいです。

これは白鷺の玉子を表しているそうで、『白鷺宝(はくろほう)』という

名がついています。

二代目の御主人が、野田の鷺山で水辺にたたずむ麗しい鷺の姿に魅せられて

「また来年も、この地で出会えるように」との想いをこめて作り上げたお菓子です。

 

田んぼばかりの長閑なところで過ごす私たちも、よく鷺を見かけます。

グレーの羽色なので、多分 青鷺だと思うのですが、その立ち姿はやっぱり

すっと美しいので、私たちは勝手に"田園の貴婦人"と呼んでいます。

何羽かはきっと雄でしょうけど・・・。(笑)

 

そんな美しい鷺の玉子を模したお菓子。

表面の滑らかなコーティングは、ほんのり甘いミルク味。

中は、新鮮な卵を加えた、まったりとした舌触りの白餡です。

と、ここまでが定番の『白鷺宝』。

こちらの『よろこぶ』には、なんと塩こぶが一切れ入っているのです!!

ミルク味に塩こぶ!?って思いますよね?

私もビックリしました。

でも、これが不思議と合うのです!

甘みと旨みの共鳴、癖になる味わいです。

実はこの冬、もう2回も食べてしまいました。(笑)

 

昆布が入っているから、『よろこぶ』。

お祝いの贈り物にもぴったりの、おめでたいお菓子です。

 

白露宝には、他にもいろいろ種類がある様です。

コーヒー味の『かふぇ』、抹茶味の『茶ちゃ』、黒胡麻味の『ごま』の定番の他、

さくらやあんずなどの季節の味、それに新作もどんどん生まれているのだとか。

どの味も気になる!是非ともいろいろな味を試してみたいです。

 

白い包み紙は、開くと白鷺の絵でした。

サラサラっと落書きの様に描かれた白鷺が愛らしいです。

よく見れば、印が白鷺宝の形!

 

"生ものですから〜"の注意書きシールまで、白鷺宝型でした!

大切にされているお菓子なのですね。

 

 

菓匠 花見

本店:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-6-10 浦和駅西口前
フリーダイヤル:0120-873-554

author:スーベニイル, category:全国銘菓:関東地方, 23:37
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.souvenir-gifu.com/trackback/1185888