RSS | ATOM | SEARCH
寒かった・・・3月のサンビル

朝起きてみると、思った以上の寒さ。

おまけに雪まで降り始め・・・。

 

今日は第3日曜日。

岐阜 柳ケ瀬商店街のアーケード下に、ハンドメイドの作品や、

おいしいご飯におやつのブースなどなどが、ズラリと立ち並ぶ

月に一度のサンデービルヂングマーケットの日なのにー!

 

とは言え、先月は行けなかったので、頑張って出掛けました。

 

会場に到着早々、真っ先に向かったのは、お菓子屋Riettoさんのブース。

今日はいつもに増して、たくさんの種類が並んでいて目移り・・・。

ついつい沢山買ってしまいました。

レトロな包みが愛らしいレモンケーキに、

伊予柑のパートドフリュイとショコラと、大好きな柑橘まつりで嬉しい♪

メープルとクルミのフィナンシェに、ぽんかんやプルーン、クルミなどが

ぎっしりのフルーツのケークに、これまた好物のガレットブルトンヌ。

ショコラのガレットブルトンヌは、あっと言う間に完売してしまって

買えませんでした。残念〜。またいつか出合えるといいな。

 

でも、カヌレは買えました!

Riettoさんのは、外側がカリッカリなのと、ラム酒の効かせ具合が

とっても好きなのです。

 

 

甘いものの後は、辛いもの・・・というか、お昼ご飯です。

以前食べて美味しかった、HAMMOCKさんのカレーと、

お気に入りの愛知県大治町COFFEE POLITEさんの珈琲を。

 

今日のカレーは、チキンと茸のオニオンミルクカレー。

茹で卵のアチャール(酢漬け)と菜の花のスパイス炒めトッピング。

並んでいる時からチキンを焼く香ばしい匂いが食欲をそそっていましたが、

そんな香ばしチキンがごろんごろん入っていて、食べ応えたっぷり!

ブラックペッパーなどスパイスもいっぱいのはずなのに、

ミルクを多く入れてあるせいか辛さはさほど感じません。

それでも、じんわりと身体が温まります。

行列に並んでいる間に、小銭をうまく掴めないほど

すっかり冷え切っていたので、生き返る心地でした。

ほろ苦い大人味の菜の花スパイス炒めも美味しかったです。

 

珈琲も、インドネシアのちょっぴりスパイシーでエキゾチックな風味が

カレーにぴったりの味わいでした。ナイスセレクト自分!

 

 

身体が温まったところで、サンビル散策続行です。

 

今月は、雑貨屋スーベニイル営業中にお世話になっていた

手描きてぬぐいのtenugui chacoさんが出店されていたのでご挨拶。

 

もちろん、愛らしいてぬぐいもGETしました!!

コーヒー豆柄のてぬぐいのところどころに、ダンディな豆男爵さまが

いらっしゃるお茶目な柄です。

実は、この柄のハンカチサイズは持っているのですが、

てぬぐいサイズのも欲しくて・・・。ようやく入手出来ました♪

 

てぬぐい生地のバッジもたくさんありました!

かき氷におにぎりを持ったカニさん、エビふりゃ〜トッピングのカレーライスと

気付けばやっぱり食いしん坊柄ばかり選んでしまった私たちですが、

他にも食べ物以外のかわいい柄もいっぱいありましたよ。

 

どれもゆるいタッチで、眺めているとふふふと顔がほころんでしまいますが
これらの柄は、ぜーんぶ手描きなのですよ!!!

絵筆で1色分描いて乾かし、また次の1色を描いて乾かし・・・と、

使う色の数だけその繰り返し。

小さな点々も、細ーい線も全部です!想像しただけで意識が薄れそうです。

そんな苦労も感じさせない、のほほんとしたタッチとのギャップが

またスゴイ・・・。(笑)

 

chacoさん、サンビルへは年1回ペースでの出店だそうです。

多分、毎年3月・4月あたりと思われます。

また来年も楽しみです♪

 

 

もうひとつ、楽しみにしていたのは、真鍮や古道具を使ったアクセサリーを

作られているコヤギさんのお店。

シロフォンのバチを使ったネックレスや、硝子の薬瓶の蓋を使ったチョーカー、

タンバリンのふちに付いている銀色の円盤や、そろばん玉のブローチなどなど。

小学生の頃を思い出すような楽しい作品が並んでいました。

 

どれも好きでしたが、連れて帰ったのはこちら。

懐かしの赤青鉛筆のピアスです。

 

真鍮の部分は、鉛筆を思わせる六角形。

左右で、赤鉛筆と青鉛筆になっています。

ああ、素敵すぎる・・・。

 

ピアスを入れてもらった袋も、小さな紙袋の口を、紙紐の輪っかに

くるくる巻きつけてクシュッと縮めた、素朴でかわいいラッピングでした。

 

 

最後に立ち寄ったのは、いつも大行列のTSUBOYAさん。

行列がなくなった頃に、お気に入りの檸檬の蜜掛けケーキを買いに行きました。

 

他にも少しだけ残っていたお菓子の中に、桜ムースのタルトレットがありました。

桜好きにはたまりません!

ムースは甘さ控えめでちょっぴり甘じょっぱく、

桜餅のような良い香りとともに口の中でとろけてゆきます。

タルト生地の内側には、サッとホワイトチョコが塗ってあり、

中には抹茶のスポンジにあんこ、求肥が隠れているという

なんとも手の込んだ贅沢なタルト。

今日は本当に凍える寒さでしたが、ちょっぴり春気分を味わうことが出来ました。

 

 

私たちも寒かったけれど、1日外で頑張っていた出店者やスタッフの皆さんは、

さぞ大変だったことでしょう。

一瞬雨がやんだ時に、本部近くの雨に濡れたテーブルセットを丁寧に拭いていた

スタッフの皆さんが印象的でした。本当にお疲れさまでした。

皆さん、風邪をひかないように暖かくして休んでくださいね!

author:スーベニイル, category:柳ケ瀬いろいろ, 20:58
comments(0), trackbacks(0), - -
【全国銘菓:長崎県】茂一〇香本家 『長崎 桃かすてら』

今日から3月!

もうすぐひな祭りですね。

 

長崎では、女の子が初節句を迎えるお家で、こんなお菓子が内祝いの品として

親戚や知人に贈られるそうです。

『桃かすてら』です!

 

箱から出て来たのは、いかにもお目出度そうな桃の形のカステラ。

中国の吉祥文様に見られるような、エキゾチックな桃ですね。

さすが長崎!

 

桃は長寿を象徴する縁起物。

近頃は、初節句以外にも、出産祝いにお宮参り、婚礼などのお祝い事にも

用いられるそうです。

観光客にも人気だそうで、今では年中買うことが出来るお店もあるのだとか。

 

晴れの日にふさわしい、華やかで愛らしい姿に

思わず笑顔になってしまう、桃かすてら。

 

本体のかすてらは、しっかりと玉子の味がして美味しいです!

そこにたっぷりと砂糖衣を施して、ほわっとピンクに染めて桃にしてあります。

葉っぱは白あん製。

砂糖衣が甘ーいので、大人はブラックコーヒー片手に頂くのがおすすめです。

 

長崎ならではの、この伝統菓子、まだ数年前に知ったばかりなのですが、

この春らしい色合いもあってか、春が近づくと恋しくなります。

今年も食べられて良かった!

 

 

そういえば、中国っぽい桃かすてらを眺めているうちに

思い出したことがあります。

 

昔、名古屋の会社で働いていたのですが、その頃、駅の地下街に

果物屋さんがありました。

店の片隅には、ちょっと珍しい南国の果物やあまり見かけない品種の果物が

並ぶ小さなケースがあって、通りすがりにチラリとそれを覗くのが楽しみでした。

当然、ちょっぴり高価なものばかりなので、大きな仕事が終わった時などに

自分へのご褒美として、ちょいちょい買って帰っては、

贅沢気分を味わっていました。

当時はまだ珍しかった、スターフルーツにドラゴンフルーツ、チェリモヤやら、

大きくて立派なマンゴーやあけび、ガーネットみたいな美しい柘榴、

綺麗な品種名のプラムなどなど・・・。

 

ある日、そのケースに並んだ、ぺたんこな形の不思議な果物。

近くでよく見てみると、それは桃でした。

『蟠桃』という品種で、一見桃とは思えない平べったい形をしています。

蟠桃といえば、楊貴妃の大好物で、西遊記の孫悟空が口にして

不老長寿になったという、伝説の桃。

これは食べてみたい!と、わくわくしながら買って帰ったのでした。

食べてみると、実がしっかりしつつもジューシーで濃厚な味わい。

でも、酸味もある、なかなかに美味しい桃でした。

希少種ということでしたが、あれから再びこの桃を目にすることはいまだ無く、

もう一度食べてみたいなぁと思っています。

 

 

茂木一〇香(いちまるこう)本家 本店

長崎県長崎市茂木町1805
TEL : 095-836-1919

author:スーベニイル, category:全国銘菓:九州地方・沖縄, 08:11
comments(0), trackbacks(0), - -
1月、雨のサンビル

今日は第3日曜日。

 

岐阜 柳ケ瀬商店街のアーケードの下に、ハンドメイドの作品や、

おいしいご飯、おやつのブースなどなどが、ズラリと立ち並ぶ

サンデービルヂングマーケットの日です。

 

なのに、残念ながら、朝から雨。

昨日の天気予報では、お昼ごろには止むはずだったのに〜!

でも、大丈夫。

なんたって、柳ケ瀬商店街にはアーケードがありますからね!

 

今日は雨のせいで、ちょっとお客さんも少なめ。

これはチャンス!と、いつも行列の、お菓子屋Riettoさんのブースへ

真っ先に向かいました。

 

甘酸っぱいフランボワーズジャムがサンドされたヴィクトリアケーキに、

有機抹茶のマドレーヌ、4種類のジャムが入ったハッロングロットルという

面白い名前のスウェーデンのお菓子、ゆずのパートドフリュイに

ゆずショコラ、それにゆずのケーク!

お昼ご飯の時のデザート用に、苺のお菓子も買ってしまいました。

今日のRiettoさんは、ゆず&苺祭りでした♪

 

 

続いて、DOLCI cafeさんのブースに。

実店舗を閉店されたため、こちらのケーキが食べられなくなってしまったので、

時折無性に食べたくなってしまうのです。

ほろ苦かぼちゃプリンに、大きめ角切りリンゴとラムレーズンが

ゴロゴロ入ったアップルパイ、渋皮栗の入ったマロンロールケーキ。

 

京宇治抹茶のカヌレと、先月も買って美味しかった、冬季限定のゆずカヌレ。

 

いつも気になる食事系のマフィンも、食べてみたい・・・。

スモークサーモンとクリームチーズとか、ワインと一緒に楽しめそう。

でも今日は我慢、我慢。

 

 

お昼ご飯には、カレーを買いました!

HAMMOCKさんの、ちょっと和風なカレー。

鶏肉とキノコの白麹味噌カレーです。

 

ひと口食べてみると、白味噌のほの甘さと出汁のまろやかな味わいの後に、

青唐辛子の辛みがじんわりと。

トッピングの小ネギの胡麻油和えには、シソも入っているのがユニーク。

赤玉ねぎの酢漬け アチャールも美味しいし、この緑、赤にサフランライスの

黄色と彩もとっても綺麗!

お米は雪若丸という新品種なのだそうです。粒々感がしっかり。

鶏肉とえのきも沢山入っていて美味しかったです。

あまり辛くはないけれど、気づけば身体がぽかぽかしていました。

初めて食べるタイプの和風カレー、また機会があったら食べてみたいな。

 

さぁて、食後のデザートは、さっき買っておいたRiettoさんのお菓子です。

苺のロールケーキは、むっちりスポンジと生クリームに苺の、

間違いのない美味しさ!

 

こちらは、シラバブというイギリスのお菓子。

長良川ワインの香りが広がる滑らかな生クリームに、

苺とルバーブの甘酸っぱさ。

さらに、フランボワーズのフリーズドライパウダーで

おめかししたメレンゲが付いているので、それを割って乗せたら

贅沢さアップ!

メレンゲ好きとしては、これだけでも買いたいくらい。

シラバブ、美味しかったです・・・また好きなお菓子が増えてしまいました。

 

お供には、COFFEE POLITEさんのコーヒーを。

チョコレートのような甘い香りのする、バレンタインブレンドを選びました。

苺やクリームとも相性好し!

 

好みのタイプだったので、豆も買ってしまいました。

袋が、そのまま美味しく保存出来るジッパー袋にリニューアルしていました。

 

 

腹ごなしに、またぶらぶらとサンビル散策。

今日は、旧マルイチ 2Fで開催の『ジャパニーズチップ展』を

楽しみにしていたのです♪

気になっていた展示が、まさか柳ケ瀬で見られるとは!

 

飲食店で、お客さんが何となく手にして、折り紙の様に折ってみたり、

箸置きにしたりした箸袋を、ウェイターへの感謝の印「TIP」のようだと考え

“ジャパニーズチップ”と命名した辰巳雄基氏のコレクション。

今回は、岐阜のお店で作られたものも含め、約3,000点の展示です。

 

わくわくしながら2Fへの階段を上り、扉を開けると、早速 壁一面に貼られた

箸袋たちがお出迎え。

壮観です!

 

想像以上に凝ったものが多くて、思わず見入ってしまいます。

タコやエビっぽいものや、折り紙で見かけるような、犬や亀、

昔お手紙で折るのが流行った、ハートやリボンなどなど。

箸袋に描かれた絵柄は上手く生かしてあったり、やっぱり鶴が多いのも

日本人らしいなぁと思いました。

 

鶴は、いくつも連なった形で折っている方も多くて、

皆さん器用だなぁと感心してしまいました。

中でも、こちらは残った部分に「ごちそうさまでした。」の、ひと言。

テーブルにこんなのが置いてあったら、片付けに来たお店の方も

ちょっと嬉しいだろうな。素敵ですね。

作った方ひとりひとりに会ってみたくなります。

 

見られなかった方は、HPにも少し紹介されているので、

ぜひご覧くださいね。→

 

 

今日はまた可愛いお皿も見つけました。

せとものや せぺたさんにて。

やわらかな色合いの、使いやすそうなお皿がたくさん並んでいました。

選んだのは、シンプルで和にも洋にも使えそうな小皿たち。

やっぱりおやつ皿になりそうです。(笑)

 

 

お気に入りの兵庫県のジャム屋さんas ... as possibleさんでは、

お洒落なジンジャーシロップを。

山形のラフランスと、長野のアプリコット。

どちらも果肉がいっぱいです!

喉に良くて、身体も温まって美味しいなんて、最高です。

 

 

いつも大行列のTSUBOYAさん。

遅い時間に通りがかったら、大好きな檸檬の蜜掛けケーキが

たったひとつだけケースに残っていました。

ここの檸檬ケーキは、しっかり酸っぱいのが良いのです。

 

 

今日は、雨でも思いっきりサンビルを満喫出来ました。

アーケード、ありがとう!

author:スーベニイル, category:柳ケ瀬いろいろ, 23:14
comments(0), trackbacks(0), - -
【全国銘菓:山梨県】富士菓匠 金多留満 『きんぴら大福』

先日は、新春らしい雅な花びら餅をご紹介しましたが、

今日はまた、全く趣の違う餅菓子を。

 

ひとつから気軽に買えるこのお菓子の名は、

聞いてびっくりの『きんぴら大福』!

 

見た目は、花びら餅の様ですが、わさわさと束ねられた小枝の様なのが、

あのきんぴらゴボウなのです。

なんとも野趣あふれる見た目が面白くて、ふふっと笑ってしまいます。

 

お餅の間には、花びら餅と同じ様に、白味噌あん。

やわらかな四角に形作られたあんが、お餅に包みきれないくらいの

ボリュームで、どーんと豪快に入っています。

甘さは控えめなので、これだけ入っていても、くどくありません。

そして、ゴボウは本当にきんぴら仕立て。

醤油で甘辛く煮つけてあります。

しかも、七味唐辛子が効いていて、結構辛い!

これが不思議と白味噌あんと合うのです。

 

これを作っている金多留満は、季節毎の富士山の姿を映した

かわいい羊羹で有名なお店なのですが、

きんぴら大福のあまりのインパクトに、代表銘菓より先に買ってしまいました。

実は以前から気になっていて、1年越しでの購入です。

今年はようやく食べてみることが出来ました。

 

甘じょっぱい系を通り越して、他には無い甘辛系の大福。

左党の方にも喜んでもらえそうです。

 

きんぴらゴボウで大福!?と訝しんでしまった皆さん、ものは試しですよ。

是非、お試しあれ!

 

 

富士菓匠 金多留満(きんだるま) 本店

山梨県南都留郡富士河口湖町船津7407
TEL : 0555-72-2567

author:スーベニイル, category:全国銘菓:北陸・甲信地方, 15:56
comments(0), trackbacks(0), - -
【全国銘菓:京都府】亀屋良長 『宝ぽち袋』

お正月、久々にお会いする方に何かちょっとしたものを差し上げたい・・・

そんな時にぴったりのお菓子がこちら!

 

その名も『宝ぽち袋』。

布で作られた小さな袋に入ったお菓子です。

かわいい柄、カッコイイ柄、渋い柄など、画像以外の柄もあります。

 

袋に使われているのは、京都のお洒落ブランドSOU・SOUのテキスタイル。

肌触りの良い伊勢木綿製で、SOU・SOUの手ぬぐいやくびまきと同じ生地です。

 

中には、打出の小槌、米俵、小判、七宝、金嚢、巻物、隠れ蓑の宝尽くしに、
小梅、くす玉と、お目出度いモチーフの和三盆糖がいっぱい!

どれも、ちっちゃくて、ちょこんと並んだ姿が愛らしいのです。

やわらかな色合いも素敵。

 

そのまま懐紙代わりに使える経木が、さり気なくセットされているのもニクイ!

舌の上に広がる、やさしい甘さは、日本茶はもちろん、珈琲のお供にも

おすすめです。

 

 

私も実際に知人に「はい、お年玉!」と言って手渡したことがあるのですが、

大人になるとお年玉をあげることはあっても、貰う機会はなかなか無いからと、

思いのほか喜んで頂けました。

好きな柄の袋を数人に選んで貰うのも、結構盛り上がりました。

 

お菓子を食べ終わったら、袋を何に使おうかと考えるのもまた楽しみ。

アクセサリーなど小物の収納に使ったり、口をリボンでキュッと結んで

ギフトラッピングに使っても良いですね。

 

 

亀屋良長

京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19

TEL:075-221-2005

author:スーベニイル, category:全国銘菓:関西地方, 18:22
comments(0), trackbacks(0), - -