RSS | ATOM | SEARCH
今日もいっぱい採れました♪

今日は、ゆるゆる養蜂倶楽部『878(やなはち)倶楽部』の蜜採りの日♪

早起きして、巣箱の置いてある屋上へ。

今日はなぜか出席者多めで、ちびっこたちも元気いっぱい!

わいわいと賑やかな蜜採りになりました。

採ったハチミツと一緒に食べられるようにと

パンやチーズを持ってきてくれた皆さん、ごちそうさまでした!


今回のハチミツは酸味があったから、柑橘系の花が入っていそう。

 

そうそう、以前の蜜採りの時のブログで登場したこちら↓

実は「巣蜜」を採るためのパッケージ。

これを巣にセットしておくと、ミツバチがこの中に巣を作るので

巣蜜をそのまま取り出して、このパッケージのまま

店頭にも並べられるというわけなんです。

とはいえ、まっさらなところに巣を作らないといけないので

かなり優秀なミツバチじゃないとうまくいかないんだとか。

顧問と部長の汗の結晶(ハチミツの中には入ってませんよ)、

栄養たっぷりのおいしい巣蜜も、もうすぐ販売予定だそうですよ。

どうぞお楽しみに。

 

今シーズンは、どうやら優秀な群れがいるらしくて

雨の日が多かったのにも関わらず、たっぷり37キロも採れました♪

今日採れたハチミツも、やながせ倉庫団地での販売はもちろんのこと、

周りのお店でのいろんなメニューでも味わえますよ。

 

蜜採りの後は、いろんな人に「おいしかったよー」と聞いて

食べたかったものを求めて、いそいそ劇場通りの「ぷちさむ」さんへ。

新しいのれんがさわやか〜。

早起き&蜜採りでおなかもすいてる!

挨拶もそこそこに、さっそくオーダー。

じゃじゃーん!食べたかったのは、これ!

週末のみの数量限定、やながせ倉庫の人気店A.L.C.cafeさんとの

コラボメニュー、「プリンサンデー」。

ぷちさむさんのおいしいソフトクリームに合うように

試作を繰り返して完成したというプリンとの相性は抜群!

昔ながらの固めのプリンは卵白多めの色白さん。

サンデー日和の今日、とってもおいしくいただきました♪

また食べたいけど、モカソフトも食べたい…

福丸さんのかき氷も食べたいし、ティダティダさんのアイスも食べたい…

夏の間もなんとも悩ましいスイーツ地帯となっている、柳ケ瀬へ

また近いうちに行かなくっちゃと思うのでした。

author:スーベニイル, category:柳ケ瀬いろいろ, 21:36
comments(0), trackbacks(0), - -
6月のチェリー

今日は、名古屋市中区栄にある、お気に入りのダイナーへ行ってきました。

栄と言っても、白川公園に近く、本町通沿いの黒猫cafeの2Fにある

ピギーキャットダイナーさんです。

 

ここの月替わりメニュー『マンスリーバーガー』に、すっかりハマッている私たち。

ひと足先に食べに行った妹から、
「6月のバーガーは、アメリカンチェリーバーガーだよ。すごく美味しかった!」と

聞き、それは是非とも食べてみなくては!と、私も行って来ました。

 

こーんな急な階段も、バーガー食べたい力で一気に駆け上がってしまいます!

 

席に着いたら、もちろんこの一言で。

「マンスリーのチェリーバーガーと、自家製ジンジャーレモネード!」

 

しばらく待つと、やって来ましたー!

 

これです!アメリカンチェリーバーガー。


赤ワインとスパイスでコンポートした、アメリカンチェリーの実とソース、

それにサワークリームがたっぷりと乗ったハンバーガーです。

この部分だけ食べたら、まさに大人のデザート!なのですが、

これがまたゴツゴツとした武骨な粗挽き牛肉のパティと合うのです!

赤ワインの渋みとチェリーの甘酸っぱさに、パティの塩っ気が

たまらないバランス。

さらに、瑞々しいトマトに、シャッキシャキの新玉ねぎもこれまた美味しい〜。

 

フルーツとお肉の組み合わせ、苦手な方も多いですよね?

酢豚にパイナップルが入っているのは食べられないとか・・・。

でも、フルーツがお肉の美味しさを引き立てるというのはアリだと思います。

フルーツの酵素がお肉を柔らかくするという話もあることですし。

生ハムメロンとか、ステーキにリンゴのソースとか、美味しいと思うんだけどなぁ。

 

料理家 渡辺康啓さんの著書『果物料理の本』を読んでから、

旬の果物のユニークな使い方に興味津々で、思いがけない組み合わせに出合うと

こんな組み合わせがあったなんて!と、わくわくしてしまうのです。

 

ピギーキャットダイナーさんは、フルーツを使ったバーガーも得意なので、

ついつい立ち寄ってしまいます。

(もちろん、フルーツを使っていないバーガーの時もありますよ。)

来月のマンスリーバーガーは何かなぁと、今からとっても楽しみです♪

 

それと、お菓子屋Riettoさんに教えてもらった、岐阜で美味しいハンバーガーが

食べられるお店にも行ってみたい!!

スイーツも大好きだけど、お肉も大好きな私たちなのでした。

 

author:スーベニイル, category:ごはんとおやつ, 20:23
comments(0), trackbacks(0), - -
6月 雨のサンビル

今日は、第3日曜日。

岐阜 柳ケ瀬商店街のサンデービルヂングマーケットの日!

ハンドメイドの作品や、おいしいご飯、焼き菓子のブースなどなどが
たくさーん立ち並ぶ日です。

 

あいにくの雨。

でも、アーケードのおかげで、濡れることもなく、ゆっくりと見てまわれます。

アーケードがあって良かった〜。

 

 

いろいろと見てまわって、お腹が空いたら、お昼ご飯の時間。

今日は何を食べようかなぁと、悩んだ末、

Bistro 盈月八(みつばち)さんのローストポーク丼に決定♪

東白川の自然で育った、無薬の豚"あんしん豚"を使った丼です。

たれは2種類から選べました。

姉は『甘辛みそだれ』(手前)を、妹は『新生姜の和風あん』(奥)を

チョイス。

 

香ばしくてとろんとろんの豚!美味しいー!!

みそだれは、思いのほか辛めで濃厚な味わい、

生姜のあんはサッパリとしていて、どちらも美味しかったですよ。

 

そして、食後にはやっぱりデザートです。

大好きなRiettoさんの『レモンのタルトレット』♪

まろやかメレンゲと爽やかレモンで、お口の中もリフレッシュ。

 

Riettoさんでは、他にも初めましてのお菓子をおみやげに。

『緑茶のブールドネージュ』と『サブレ ディアマン ココ』。

また、後日のお楽しみが出来ました。

 

そして、すぐに2回目のデザートに。(笑)

大垣の生ジェラート家モーリーさんを卒業し、イタリアへ修行に行かれた

ともみさんが帰国して出店と聞いて、どうしても食べたかったジェラートです。

姉が選んだのは『ピスタッキオ』(手前)!

イタリア語で"ピスタチオ"をこう言うそうです。

ひとさじ口にしたら、まったりとした濃厚な味わいが、力強く広がってビックリ!!

白ワインにも合いそうな、贅沢な大人の味わいです。

ともみさんがイタリアで見つけたお気に入りのピスタチオなのだそう。

 

妹が選んだのは、ピンクがかわいい『すもも』(奥)。

皮の部分も入っていて、キュンと酸っぱくて瑞々しくて、

ピスタッキオとはまた全然違う美味しさでした。

 

ともみさんは、今後イベントでの出店を中心に活動されるそうです。

大垣のお店も、枝豆とか、お米とか、きなこもちとか、

地元の素材を使ったユニークで美味しいジェラートがいっぱいですよ!

 

 

今日は、もうひとつお目当てのお店がありました。

カッコイイお皿を作るrpmさんです。

以前、クリエーターズマーケットで見つけた、このお皿はお気に入り。

 

こんな風に使っています。

Riettoさんのお菓子づくし♪

 

今日は、小さめのお皿(もちろん、おやつ用)が欲しかったのですが、

あれこれと欲しいのがいっぱいでした。

乗せるものを色々と頭に思い浮かべて、選んだのがこのお皿。

本当は、他のお皿にあった、青銅色や黄土色もいいなぁと思ったのですが、

この形では他の色が無くて、前に買ったお皿とお揃いの色になりました。

 

rpmさんのお皿は、裏側も素敵なのですよ!

普段は見えないけれど、実は裏側に水玉が隠されています。

しかも、1枚1枚水玉の入り方が違うので、選ぶときには

両面を見なくてはなりません。悩ましさ倍増・・・。(笑)

そんな悩ましさの末選んだ、新しいお気に入りです♪

 

で、またもやこのお皿にも似合いそうなキャロットケーキが入った

ケーキセットもおみやげに。

先月初出店だったthé et toi. さんのケーキセットが、とっても美味しかったので。

お店でも人気という、キャロットケーキとレモンケーキは今回も入っていて、

あとひとつは2種類の中から選べました。

ブルーベリーとクリームチーズのマフィンか、グランマのタルトのどちらかです。

こぼれ落ちそうに乗っかった、ドライフルーツが美味しそうだったので、

タルトを選びました。いちじくにあんず、プルーンが乗っています。

 

今日は、本部近くのロイヤルビル2Fで、滋賀からやって来た5店のお店が

雑貨やお花、古道具、おやつにコーヒーと、素敵な空間を作り出していました。

gattoさんの焼き菓子やお弁当が大人気でした。

 

vokkoさんのスペースで、こんなものを見つけました。

小さなケースの中には、香りのエッセンスと説明書。

『feuillu ombre(緑陰)』と名のついた、季節限定の香りです。

ライムやレモンの柑橘の香りに、ミントやローズマリーのハーブ、

セダーウッドが加わった、清々しく瑞々しい香りで、

まさに"緑陰"のイメージの心地よい香りです。

肌につけても良いというのが嬉しい。

肌につけると甘い香りが強まるのだそう。

そんな違いも楽しみです。

この素敵な香りは、奈良在住の調香家 石田理恵さんが作り出したもの。

ちょっと調べてみたら、他にも色々と気になる香りを作っていらっしゃって、

それぞれにタイトルも美しいものばかり。

これからチェックしなくては。

 

本日も、良いお買い物が出来ました!

author:スーベニイル, category:柳ケ瀬いろいろ, 22:55
comments(0), trackbacks(0), - -
工場見学の後で 〜その2〜
週末に訪れた滋賀。
食いしん坊なあまり、その1だけじゃ終わりませんでした。
お昼ご飯のあとは、いろいろとおいしいものを買いに。

まずは菓心おおすがさん。

和菓子屋さんには珍しい、黒のスタイリッシュな外観。

さっき「糸切り餅」を買ったばかりですからね、やや控えめに。
彦根銘菓、求肥餅入りの最中「三十五万石」に
その最中の皮にアーモンド風味の生地を詰めて焼いた「35」。
そして、この組み合わせはおいしいに決まってる、
キャラメルリゼしたくるみに和三盆糖をまぶした「和三盆くるみ」を。

紙袋も、控えめだけど品があって素敵です。


お買い物をすませたら、ほぼお隣の&Anneさんへ。

実はこちら、おおすがさんプロデュースの洋菓子店と書店、展示室。

おおすがさんと対になっているかのような、白い外観。
外から見ただけでもう、心躍る、おいしそうなお菓子たちが!
棚にも素敵フレーバーのジャムとか氷砂糖とか気になるものがいろいろ。
わあ、ルヴァンのパンまである!とメランジェを掴んで方向転換したら

ショーケースの中は、これまた予想以上に私を悩ませる、素敵な品揃え。

カヌレにヴィクトリアケーキにクイニーアマン。
私が好きな伝統菓子たちが充実しているじゃないですか。
写っていない左側にはカンノーリもあるし、
「ライムとココナッツのレアチーズケーキ」とかもおいしそう!
糸切り餅も買ったし、最中も買った…どうする、私!

…すごーく迷ったけど、カンノーリと焼き菓子いくつかで我慢しました。
写真撮らずに食べちゃいましたが、カンノーリはシチリアの伝統菓子。
こちらのお店のものは、筒状のさくさく生地に
チョコレート入りのリコッタチーズが入っていました。
「グレーテルのかまど」で知ってから気になっていた、わたしの初カンノーリ。
赤と緑のドレンチェリーもかわいくて、とってもおいしかったです♪
ほかの焼き菓子も、どれも本当においしかったし
書店部分の本や雑貨のセレクトも好きだったし
近所にあったら通ってしまいそうな、危険なお店。また行きたい!

そしてそして、滋賀に来たら、やっぱり買って帰りたいものが!

知ってる人は知ってる、つるやパンのサラダパン!
以前コルチさんにおみやげでもらって、好きになっちゃいました。
なんというか、衝撃的なおいしさ。

原材料名、見えますか?「たくわん漬」の文字が。
(滋賀では、たくわんって言うのかな?)

刻んだたくあんのマヨネーズ和えがサンドされてます。
この刻み具合がまた、なんとも絶妙。
味加減もですが、おうちで完全には再現できない気がします。

ついでにサンドウィッチも。



まるい食パンには魚肉ハムとマヨネーズがはさまってます。

こちらもシンプルだけどおいしいんです。

もちろん、おしゃれなブーランジェリーとは方向性が違う、
だけど、また食べたくなっちゃうおいしさ。
小倉ネオマーガリンとも親戚みたいな感じ。
地元で長く愛されているのがわかります。
今回行ったベイシアというスーパーでは、専用ワゴンにどっさり積まれてました。
もう少し頑張って(誰が?)岐阜でも売ってくれたらいいのにな。
ちなみに「どうしても食べてみたい!」という方にはネット通販もありますよ。

今回もおいしいものをいっぱい買ったり食べたりしましたが
滋賀といえば琵琶湖。琵琶湖といえば鮎!
そして、大きな養鱒場もありました。
おいしそうなものがいっぱいの滋賀。いろいろと気になります。
と思ってたら、今度のサンデービルヂングマーケット
滋賀・アゲインじゃあないですか。
そして、いつも滋賀から参加してくれているコルチさんは
夏にもぴったりなランプワークガラス特集だそうですよ。

今週末も楽しみです♪
author:スーベニイル, category:おでかけ, 14:35
comments(0), trackbacks(0), - -
工場見学の後で 〜その1〜
キリン滋賀工場の見学の後、まずは多賀大社へ。

立派な社殿!
イザナギ、イザナミのご夫婦の神様が祀ってあるのだそう。
「古事記」で読んだことありますね。

由緒ある神社だけあって、見所いっぱい。

摂社の細工も見事です。
良く見ると、左右には飛び出す狛犬まで!
神様、とっても素敵なお宅ですねーと、じっくり拝見。

お神輿の鳳凰も立派!欲しいくらいに素敵です。

そして多賀大社といえば、忘れちゃいけない「糸切り餅」。
前から食べてみたかったんです♪

今回はこちらの「ひしや」さんで購入。

包み紙も渋くていい感じ。
店内で手作りされているので、運が良ければ
お餅を糸で切るところも見られるようです。
今回は作り置き分の最後の一箱だったよう。
うーん、あと少しだったのに残念!

蒙古軍の旗を模したお餅を弓の弦で切って供えたのが始まりという
勇ましい由来とは程遠い愛らしさ。
もちもちの生地に、なめらかこしあん。
シンプルだけど、おいしい!今度はほかのお店のも食べてみたいです。

お昼ご飯は「エイトヒルズ デリカテッセン」さんへ。



店に入ってすぐのケースを見たらもう、おいしそうな予感がします。
この左側には生ハムやミートローフ、鶏肉などメインになるお肉系がずらり。

選べるメインに18種類以上のお総菜と好きなスープ、ドリンク、
ライスかパンが付く「デリカテッセン盛り合わせ」(¥1,300〜)にして
私はミートローフにビシソワーズ、自家製フォカッチャとコーヒーを選択。
コーヒーと紅茶はセルフだけど、3杯まではおかわり自由という太っ腹。

じゃじゃじゃ〜ん!わあ、すごいボリューム。

とにかくいっぱいあるお総菜にわくわく。
ネギにじゃがいも、にんじん、キノコにカボチャ…
酸っぱかったり、甘かったり、香ばしかったり、カレー味だったり…
スパイスやハーブもいろいろと使われています。
「う〜ん、これってなんだったっけ?」と考えながら
いろんな味、素材、食感が楽しめて、とっても楽しくて贅沢な一皿。
最後まで飽きずに、意外とぺろりと食べられちゃいました。
こんなデリカテッセン、近所にあったらいいのにな。
毎日のようにテイクアウトしちゃいたい!


お店の駐車場からは琵琶湖!
滋賀、とっても気持ちがいいところでした。
author:スーベニイル, category:おでかけ, 19:15
comments(0), trackbacks(0), - -