RSS | ATOM | SEARCH
お寺で楽しむアート

画家の奥村晃史さんと彫刻家の望月鮎佳さんとの二人展、

9日間だけの絵画と彫刻の動物園『純情動物園』(詳しくはこちら)が

開催中と聞いて、大門町の上宮寺に行ってきました。

 

周辺にはお寺が多い地域ですが、幟とポスターを発見!

お寺での展示ってどんな感じかな?と思ってたんですが

門をくぐる前から動物たちが見えてます。気になるー!

上宮寺は大イチョウが有名なそうですが

その脇には大きな馬!どうやら実物大のようです。

 

もっと近くで顔を見たくて近付いたら、ふわ〜んと楠のいい香り。

材を見てみたら、やっぱりクスと表記されてました。

 

牛も実物大。今にも啼きそう。

しかも望月さんの木彫作品は触ってもいいんです!

実在のモデルがいる作品も多いからか、

やさしく撫ぜると動物たちも嬉しそうにしているような。

とてもリアルで、さわったら体温を感じるのではと思ってしまうほど。

 

入り口には、奥村さんの絵画。

羊の後ろには金華山!岐阜城も描かれています。

動物がとてもリアルで、だけど「かわいい」だけじゃない

奥村さんの描く不思議な世界、以前からとても好きなんです。

 

そして絵画の前の床には鏡。

望月さんの山羊がその鏡を覗いています。

山羊の後ろから覗いてみると、こんな感じ。

上にある絵天井も写り込んで、ずっとずっと奥に底があるような。

不思議な世界の深淵を覗き込んでしまったかのよう。

なんともいえない不思議な感覚はぜひ実際に味わって頂きたいところ。

 

お庭からの光が差し込む廊下では、写経ならぬ、写動物体験もできます。

 

かわいい元絵が

筆ペンで写動物したら、なぜか邪悪な目付きに…。

気が付けばすっかり絵を写すことに集中していて

なかなか面白い体験でした。

写経もきっとこんな感じなんでしょうね。

 

実際の作品は、こんな風に香炉とともに展示されていました。

西洋画だけど掛け軸に仕立ててあるという不思議。

しかも違和感がありません。

 

お坊さん用の、ふっかふかの豪華な座布団

…みたいな額縁があったり、

本堂に飾られている絵には後光が!おもしろーい。

 

檀家さんと思われるご近所の方々もいらしていて

「おいしそうな絵やったねー」なんて楽しそうに見ていました。

(動物と一緒に描かれていた果物や野菜のことですかね)

美術館やギャラリーとはまた違って、日常の延長という感じで

とても気軽に、そして自由に楽しめる雰囲気なのかも。

 

そうそう!展示作品以外にも

綺麗な雲が描かれていたり、

季節のしつらいが素敵だったり、

こういう意匠っていいななんて、見応えたっぷりで楽しめました。

大イチョウから採れた銀杏も売ってましたよ。

 

ちなみに入場料無料、14日(日)までの会期中は無休だそうです。

お寺×アートの相性の良さにすっかり夢中になりました。

機会があればぜひ訪れてみてくださいね。

author:スーベニイル, category:おでかけ, 22:45
comments(0), trackbacks(0), - -
柳ケ瀬日和

今日は、八幡神社での小さなクラフト展の日。

・・・のはずだったのですが、雨のため、明日 日曜に順延。

 

小さなクラフト展は、金神社のすぐ西にある小さな神社で、

偶数月の第一土曜日に開催されます。

大きな欅の木の下で、のんびりした空気が流れるクラフト展です。

 

そんなクラフト展には行けませんでしたが、ちょっと用事があったので、

柳ケ瀬に行って来ました。

 

 

台風の影響で、むし暑ーい!!

風も強くて、歩いているうちに、髪もモサモサに・・・。

柳ケ瀬に着くころには、早くもひと休みしたくなって、

早速アイスクリーム 松ノ屋さんへ。

 

ちょうど今日から始まる、季節限定フレーバーがあるのです♪

 

ローストしたくるみを、粗糖で作ったキャラメルでコーティングして、

粗めのペーストにしてアイスに練り込んだ『くるみるく』。

 

香ばしさと、キャラメルの甘じょっぱさ、くるみのほろ苦さが、

アイスのミルク味の中にほんのりと・・・。美味しかったです。

 

 

やながせ倉庫で、本日の用事(1)を済ませたら、A.L.C.cafeさんへ。

大好物のファーブルトン、あるかなぁと覗いてみたら、ありましたー!

嬉しい♪

聞いてみたら、11月半ばくらいまで作るとのことです。

まだしばらくは楽しめそうで、安心しました。

 

それと、こんな面白いものも発見!

カカオニブの蜂蜜漬けです。

しかも、いろいろなフレーバーの蜂蜜があるのです。

一番気になった、ローズマリーの蜂蜜は品切れだったので、

メキシコ産オレンジ蜂蜜のと、ブラジル産コーヒー蜂蜜のを

選んでみました。

他にも、レモンや百花蜜などがありましたよ。

近々、878(やなはち)倶楽部の蜂蜜を使ったものも登場するそうですよ!

 

これを、ちびちび舐めながらコーヒーや紅茶を頂くのも良いし、

アイスのトッピングなどにしても良いですね。楽しみー♪

 

 

この後、ちょっと体力を使う用事(2)を済ませたら、お昼ご飯。

今日は、『洋食喫茶 かまた』さんの、厚焼き玉子サンドが食べたい!

お店が新しくなってから、いつも混んでいる気がするのですが、

お昼ご飯には少し遅い時間になったから大丈夫かなと立ち寄ってみました。

今日はすんなりと座れました。

 

これこれ!

分厚い玉子焼きが、どーんと挟まったサンドウィッチ。

作りたては熱々!はふはふしながら齧り付く、この幸せ!

ほんのり甘い玉子焼きに、しゃっきりキュウリが美味しい。

 

ちなみに、ドリンクは懐かしのミルクセーキを。

玉子4個も使ってある玉子サンドを食べたくせに、またもや玉子を使った

ドリンクを頼んでしまいました・・・。

でも、今時これをメニューにラインナップしているお店は少ないので、

飲みたかったのです。

 

それにしても、玉子サンドがボリュームたっぷりでお腹いっぱい!!

これを食べる時には、お腹を空かせて挑まねばいけません。

今日はたくさん歩いたから、お腹が空いていたはずだけど、

やっぱり満腹になっちゃいました。

 

 

お腹も落ち着かせたいしと、もう少し、町なかをぶらぶら。

今日は信長まつりの日とあって、あちこち賑わっています。

お買い得なワゴンを出しているお店もいっぱいです。

 

そんな中、すごく良いものを見つけてしまいました!

こんな理化学用品です。

介護用品などを扱う、神山器械店にて。

 

以前から、理化学用品の販売をしているのも知っていたので、

通るたびにチラチラと見ていたのですが、

今日はなんとセールコーナーを発見!

 

HARIOなどしっかりした品なのですが、ちょっとオマケしてもらい、

これだけ全部でなんと3,500円!!かなりのお買い得でホクホク。

鉱石コレクションのディスプレイ用にしようと思います。

この手のものがお好きな方は、是非!

 

 

そうそう、自家焙煎珈琲工房さむさんでは、毎秋恒例の
揖斐菓匠庵 みわ屋さんの利平栗渋皮煮の販売が始まりましたよ!

 

大きな大きな利平栗を、渋皮のまま丸ごと丁寧に炊き上げて、

みりんに漬け込んだものです。美味しいですよー!

 

 

明日は、今日より良いお天気になりそうです。

いつもより賑やかな柳ケ瀬を、楽しんでくださいね!

author:スーベニイル, category:柳ケ瀬いろいろ, 17:49
comments(0), trackbacks(0), - -
始まっています、食欲の秋!

昨日、秋分の日を迎えたばかりですが

既にわたしたちの『食欲の秋』は始まっているようで。

 

9月ともなれば、栗きんとんに栗子餅にモンブラン…と

栗スイーツが食べたいなあと思っていたら

なんと、名古屋店の改装工事中のみの期間限定で

資生堂パーラーが岐阜にオープンしているじゃないですか!

岐阜県産の食材を使ったメニューがいろいろあって

おすすめメニューは『岐阜県産 美濃栗のスペシャルパフェ』。

岐阜のおいしい栗を使ったパフェ!

おいしいに決まっています。

ちょっと高い…でも食べたーい!ということで

先日、うきうきと岐阜シティ・タワー43まで行ってきちゃいました。

 

いつもは『ラ・スタシオン』として営業されているレストランが

まるっと資生堂パーラーになっていました。

お皿やカトラリーにも花椿マーク。

ランチョンマットも、おなじみの資生堂パーラー柄でしたよ。

ランチを楽しむマダムで賑わう店内でしたが

運良く窓際の席に通してもらえたので景色も楽しめました!

この小さな写真ではわかりにくいと思いますが

『駅』という意味の店名どおり、電車が良く見えます。

名鉄とJRの両方の電車が見られる、なかなか贅沢な窓。

金の信長像も見えてます。

 

景色を楽しみつつ待っていたら、きましたー。

『岐阜県産 美濃栗のスペシャルパフェ』。

 

全体はこんな感じ。

マロンクリームやマロンムースなどの層の上には、ごろごろと大粒の栗。

チョコレートと香ばしいチュイールが添えられています。

チョコレートと栗の相性は抜群。

一番下のフランボワーズソースの酸味がきりりと味をひきしめていました。

かなり食べ応えのある、しあわせな秋の味でしたよー。

長良川沿いで栽培された葡萄を使った

『岐阜県産シャインマスカットと巨峰のパフェ』も気になるところ。

資生堂パーラーのメニューが楽しめるのは11月6日までだそうです。

 

久しぶりにシティ・タワーまで来たので、上の展望台へも。

金華山と岐阜城も見えます。

内覧会で訪れた時に、エレベーターで乗り合わせたおばあちゃんたちが

「わあ!」「○○ちゃんち、あの辺やないのー?」と

はしゃいでいたくらい岐阜の街がよく見えますよ。

しかも嬉しいことに無料なので機会があればぜひ。

 

そうそう、アクティブGを中心に

今日の19時まで『岐阜クラフトフェア』が開催されています。

今回はスーベニイルでお世話になっていた

聚楽社さん(出店場所:シティ・タワーの1階)や

tenugui chacoさん(出店場所:2階JR中央改札近く)も出店されていますよ♪

作品を手に取って、作家さんとお話もできる、またとないチャンス!

わたしも久々にお会いできて嬉しかったです♪

今からでも、ぜひぜひ訪れてみてくださいね!

author:スーベニイル, category:ごはんとおやつ, 10:55
comments(0), trackbacks(0), - -
9月のサンビルは、良いお天気!

心配していた雨も朝には上がり、今日はお出掛け日和!

月に一度、第3日曜日に開催されるサンデービルヂングマーケットに出掛けます。

 

岐阜 柳ケ瀬商店街のアーケード下に、ハンドメイドの作品や、

おいしいご飯におやつのブースなどなどが、ズラリと立ち並ぶ日なのです。

 

 

まずは、いつも立ち寄るお菓子屋Riettoさんへ。

このところ、ものすごい人気で並ぶのも大変ですが、

今日は少し行列も短めでした。

ココナッツたっぷりの焼きメレンゲ バトンココに、

ココナッツとマンゴーのケークと、ココナッツ好きには

嬉しいラインナップ♪

そして、待ってました!の、栗のマドレーヌ。

みわ屋さんの利平栗渋皮煮を使ったもので、これが並ぶと

秋の始まりという気がします。

 

 

続いてお昼ごはんを買いに、ほしのこ食堂さんへ。

看板には、赤い葉っぱがひと枝。ここにも秋が・・・。

 

ほしのこ食堂さんのブースには、いつも素敵にお花が飾ってあって、

並んでいる間にそれを眺めるのも楽しみなのです。

今日は、ススキが生けてありました。

 

ふたを開けたら、お弁当も秋でした!

食べるのがもったいなくなる様な、華やかなもみじ生麩。

もっちりおこわは、鮭と舞茸、京揚げ入り。

小かぶと秋茗荷の浅漬けが添えられています。

恵那鶏を焼いたものは、西京焼きみたいな味噌だれなのが

ちょっと珍しい感じ。

ゆで玉子は塩麹漬けで、程良い塩っぱさ。

ねっとり美味しい里芋とひね鶏ミンチのコロッケは、ピリッと生姜風味。

これ、かなり気に入りました!

毎回入っている炊き合わせ。今日は、人参とオクラ、お出汁ひたひたの

大きな椎茸。甘ーいさつまいも。

それに、太ごぼう!初めて食べました。

 

見てください、これ!

細めの大根くらいの大きさですよー。ビックリ!!

やわらかくてすり胡麻も香ばしく、とっても美味しかったです。

今日も大満足のお弁当でした。

 

食後の珈琲は、愛知県大治町のCOFFEE POLITEさんの水出しコーヒー。

雑味の無い、さっぱりとした後味が気に入っています。

 

デザートには、Riettoさんで買っておいた、珈琲とプラリネのケーキを。

コーヒーシロップがたっぷり染み込んだほわほわのスポンジに、

滑らかなプラリネのバタークリームがサンドされています。

パリパリスライスアーモンドの贅沢トッピングも嬉しい♪

 

ケーキは2人で半分こしたけれど、お腹いっぱい!

腹ごなしに、またぶらぶらとサンビルを見てまわります。

 

 

お腹いっぱいのくせに、やっぱりお菓子に吸い寄せられてしまう私たち。

飛騨高山のなごつぼビスケットさんでは、

クランベリーとクリームチーズのビスケットと、巨峰のビスケットタルトを。

ここのビスケットは、スコーンの様な感じで、ザックリとした大きなもの。

 

 

6月のサンビルで見つけたThe firstさんが、今月も出店されていたので

今日も立ち寄ってみました。

無花果のタルトに、カヌレ、ローズマリー風味の薄焼きりんごタルト、

ブルーチーズ、クリームチーズ、パルメザンチーズと

3種類もチーズを使ったケーキ、4種のハーブの塩味サブレ、

濃厚抹茶生地に近江木苺のコンフィチュールを練り込んだケーキ。

どれも美味しそうな6種類が並んでいました。

 

 

今日は雑貨を買っていないねぇと、おしゃべりしながら歩いていたら、

気になる陶のお店を発見。

見れば見る程、気になるものがいっぱいのお店で、2人していろいろと

買い込んでしまいました。道草さん、恐るべし・・・。

 

おやつ皿やアクセサリートレイになりそうな、小さなお皿たち。

色合いも模様も綺麗です。

 

盆栽とツバメのオブジェ。

どちらも、違う方向に(!)お洒落です。
全然違うタイプだけど、どちらも好き。

 

アクセサリーも一風変わったものが・・・。

こぼしたミルクの様な、分裂しそうな細胞の様なピアスと、

ひらひらふわふわした、花びらの様なオバケちゃんの様なペンダント。

 

他にも、コップやお皿、山のオブジェとか、欲しいものがいっぱいでした。

 

 

リトルプレス『Edit GIFU』にも掲載させて頂いた、せいみどうさんでは、

お目当ての岐阜県産太秋柿のチップスを買うことが出来ました!

減圧フライ製法のサックリ野菜チップスが美味しい せいみどうさんですが、

この太秋柿は販売期間が短くて、昨年は買い逃してしまったのです・・・。

今年はもうそろそろ出ているかなぁと、覗いてみて良かったです♪

お砂糖は使っていないのに、柿本来の甘味がギュギューッと

閉じ込められていて、とっても甘いのです。

見つけたら、ぜひぜひ食べてみてください!おすすめです。

 

今日は、柳ケ瀬本通りから東に抜けた美殿町でも『美殿町本通り』という

イベントが開催されていました。

入り口のすぐ近くでは、日本酒BARのブースも!ひやおろしが飲めるようでした。

ソムリエさんが交通整理までされていましたが、あのスタイルで赤ライトを

振るなんてカッコ良すぎでしょう!

通りには、古本屋さんのブースが20店ほど並んでいて、

のんびりとした空気の中、それぞれに好みの本を物色する人々で

賑わっていました。

 

私たちも参加した、岐阜のまちの愛しいものを編集した

リトルプレス『Edit GIFU(エディットギフ)』。

編集長も、自ら本を販売していました。

購入してくださった皆さん、ありがとうございます!

そして、編集長、お疲れ様でした!

 

 

その後は、姉だけ柳ケ瀬に残りロイヤル劇場で、映画を観て来ました。

もちろん、これです!

『ゴジラ vs デストロイア』。平成vsシリーズの完結編。

のっけからのゴジラの咆哮に惚れ惚れ。

色鮮やかな電飾に彩られた香港の街とゴジラがお似合いでした。

伊福部昭さんの音楽はやっぱり良い!

シリーズ第1作の映像も何度か回想で流れていて、懐かしかったです。

若手俳優の皆さんの初々しさに比べ、ほんの少しの出番だったのに

ベテランの河内桃子さんの演技の安心感が凄かった・・・。

 

 

今日は、この後、新しい自転車を買いに行かねばならず、

予定いっぱいの忙しい1日でした。

 

 

 

そうそう、岐阜グッズ納品のお知らせをしなくては!

 

やながせ倉庫団地に、小さな鮎菓子ブローチと鮎菓子しおり、鵜てぬぐい、

ポストカード、秋のレターセットを納品しました!

 

 

ALASKA BUNGUさんへも、ポストカードと秋のレターセットを納品。

 

 

ちょっとした岐阜のおみやげにどうぞ!

よろしくお願いします。

author:スーベニイル, category:柳ケ瀬いろいろ, 23:08
comments(0), trackbacks(0), - -
お江戸のボタニカルアート

やや渋めの企画展、『尾州徳川の花相撲展』を観に

ヤマザキマザック美術館へ行って来ました。

江戸時代、『花相撲』とは花の品評会を表す言葉となり

↓こんな感じに園芸品の番付も出されていたそう。

花には詳しくないんですが、実はボタニカルアートは好き。

何度かほかの美術館などで目にして気になっていた

『雑花園(そうかえん)文庫』の植物図譜を

まとめて見ることができる機会を楽しみにしていました。

 

嬉しいことに、こちらの美術館、ほとんどのものが撮影OKなんですよ。

 

 

なにせ江戸時代のものなので照明は控えめですが、

細密に描かれた花々はやはり美しいです。

和菓子の見本帳にも通じるものがありますね。

 

美術館のある辺りは、江戸時代には尾張藩の薬草園だったそう。

そんな縁もあっての、今回の企画展のようです。

「葵」の地名も、徳川家の葵の御紋からきているものだったんですね。

 

そして、こんなふうにエミール・ガレの作品と

彼が持っていたとされる植物図譜との展示が観られるのも

多くのガレ作品を所蔵しているこの美術館ならでは。

あのシーボルトが帰国した後に開いた苗木店で

ガレは日本の植物を買って、育てていたそうです。

そんな植物たちが作品のモチーフになっているんですね。

 

いつも展示されているアール・ヌーヴォーの家具も

今回はボタニカル柄。このベッドは藤の柄!なんだか不思議。

現代のボタニカルアートやアートフラワーなども展示されていました。

とにかく見応えたっぷり、解説も読み応えたっぷりの企画展でした。

 

優雅な空間で楽しめる、こちらの常設展。

ロダンにピカソ、デルヴォーまでと毎回のことながらすごいです。

壁紙(おそらく布ですが)とソファーが同じ生地というのも贅沢!

無料の音声ガイドもあるので

時間に余裕を持って行かれることをおすすめします。

 

 

ちなみに、美術館の斜向かいにある『名古屋園芸』さんの

創業者にして取締役隠居の方が雑花園文庫の庫主。

とっても大きな園芸店ですが、写真の下の方でわさわさしてるのは…

なんと蓮でした!

こんなふうに売られているの、初めて見ました!

プライスカードを見てみたら「蓮の苗を翌年お渡しします」とのこと。

人間の都合なんて関係なく、ゆったりと植物の時間が流れているようで

なんだかいいですね。いつか好きな品種を選んで育ててみたいものです。

 

そして、美術館のお向かいには大好きな和菓子店『万年堂』さん。

お干菓子が有名ですが、なにを食べてもおいしいです。

今回の企画展の半券を持って行くと、お干菓子がもらえるという

とっても嬉しいコラボ中。もちろん行って来ましたよ。

右側の小さな包みが頂いた『おちょぼ』。

包み紙もかわいいです。

買ったものについては、また近いうちに。

 

ランチは近くのインドネシア料理屋『ブランバリ』さんで

ナシゴレン。クルプクとサテ、アチャール付き!

 

黒米×ココナッツミルクのデザートも付けちゃいました。

なんだか多国籍なものを楽しめた日でした。

author:スーベニイル, category:おでかけ, 15:49
comments(0), trackbacks(0), - -